黒田電気の森

数百年前から続く茶道用高級炭、菊炭の産地である川西市黒川地区の里山で、 ヒノキ人工林の間伐・エドヒガン・クヌギ林などの整備・植樹・生物保全運動を通じて、 社員とその家族、地域住民との交流、環境教育などを行っている「黒田電機の森」のご紹介です。

森林整備活動

この日の作業は下草刈りです。

前日の雨の影響もなく、程よいうす曇りの中で作業開始です。

こちらは作業エリアの北側の部分です。この辺りはシダが群生しています。

足元に気を付けて、活動エリアの斜面下部分から少しずつ作業を進めていきます。

草むらで見かけたコバネイナゴです。イナゴの佃煮が有名ですが、ひと昔前までは農家の害虫対策を兼ねた貴重なタンパク源として、乾煎りや炭焼きにして食用にされていたイナゴです。

小さなササの葉のような姿で、草むらに隠れているのはオンブバッタです。

こちらはツチイナゴ。子供のころ乾煎りにして食べましたが、あまり味がなかった記憶があります。

この日の参加者は53名、今年は10月になっても蒸し暑い日が続くので、無理せずに作業を進めます。

作業開始からそろそろ1時間、だんだんと高い場所に移動していきます。

作業エリアの斜面ではサルノコシカケを見かけました。木材中のリグニンを分解する能力をもつ白色腐朽菌の仲間です。

こちらは木材中のセルロースやヘミセルロースを分解する能力を持つ褐色腐朽菌に分解された倒木です。木質繊維が分解され、縦横にクラックが入っているようすがわかります。

そろそろ作業終了です。ずいぶんと高いところまで作業を進めることができました。

これは茎に鋭い棘をもつ、サルトリイバラの葉っぱです。春には黄色くてかわいい花をつけます。また、端午の節句の柏餅を「いばら餅」として、サルトリイバラの葉で代用する地域もあります。

作業後の活動エリアのようすです。すっかりきれいになりました。

里山風景

活動終了後、黒川公民館に向かう水路の脇にはツユクサの花が咲いていました。

すぐ近くの草むらにはナナホシテントウムシがいっぱい集まっています。

ツユクサの間には、かわいいピンクのイヌタデが顔を覗かせています。

知明湖キャンプ場から能勢電鉄の妙見口駅に向かう道沿いで見かけた、真っ赤なナツアカネのオスです。

黒川ダリア園の近くで見かけた、色鮮やかなツマグロヒョウモンのメスです。

同じく妙見口駅に向かう農道の脇で見かけたマユタテアカネのオスです。わずかな時間にこれだけの出会いがある黒川町は、まさに昆虫の宝庫です。

立山-5

雷鳥荘の朝食です。 朝食はバイキング形式ですので、おかわり自由で好きなおかずを選ぶことができます。

この日は朝から小雨が降っています。

幻想的な霧の登山道です。

みくりが池のエンマ展望台です。柵の向こうは国の天然記念物に指定された山崎圏谷です。 圏谷は氷河の浸食でできた谷状の地形で、発見者である山崎直方の名前をとって命名されました。

こちらは、立山火山の水蒸気爆発でできたミクリガ池です。「みくり」は「御厨」からきており(神様の台所)という意味です。

立山駅に停車中の、富山地方鉄道16010形電車です。昭和レトロな車体ですが、この電車に乗って電鉄富山駅まで移動します。

昼食は、富山駅前にある「さかな屋富山湾食堂」で頂きました。

こちらはシラエビの天ぷらです。甘くてぷりぷりした食感です。地元の人お勧めの食堂で、安くて新鮮な海鮮料理が楽しめます。

最後は、北陸新幹線つるぎで富山駅を後にしました。

立山-4

室堂平に戻ってきました。

日本最古の山小屋「立山室堂」の標柱があります。

内部は展示施設になっており、立山室堂にまつわるパネルや出土品が展示されています。

一分金や五十銭銀貨、寛永通宝などのお金と、立山室堂や剣山頂上の焼印、和釘などがあります。

碗や小皿の出土品もあります。

木樋(上水道管)やすり鉢の出土品も展示されています。

発掘された木樋の様子です。

立山室堂の平面図と立面図です。

屏風には、立山信仰の由来についての説明が書かれています。

立山信仰の先達と女人講の説明です。

道者衆と参連衆の装束です。

室堂の解体修理の展示です。室とは宿泊所の意味で、堂は宗教施設を指す言葉。室堂はその両方の役割を持った施設という意味になります。

室堂の柱に使われている継手です。

室堂には他にも色々な種類の木組みや継手が使われています。

室堂を側面から見た様子です。

室堂平から雷鳥荘に向かう途中に見える地獄谷の様子です。

前日までの霧が晴れて、立山連山の尾根筋が一望できます。

室堂から雷鳥荘に向かう尾根道です。

雷鳥荘の夕食です。この日のメニューは味噌鍋です。

夕食後、窓の外を眺めていると綺麗な夕焼けが、急いで外へ出てみました。

雨が上がって、皆さん食後の散歩にでてきています。

つづく