曽爾高原ハイキング

楯岡山
曽爾高原

奈良県宇陀郡曽爾村にある曽爾高原に山焼きを見学しにいってきました。山焼きはお昼前後が見ごろとのことで、午前中は青蓮寺川の対岸にある楯岡山でミニハイキングです。

曽爾高原

目無橋から作業用の林道を歩き、山頂に向かいます。

曽爾高原

このあたりは吉野杉の産地で、古くから林業の里として知られており、良材を作るための間伐や枝打ち作業が適度に行われているため、林内は明るく快適に整備されています。

曽爾高原

作業用林道の始点から楯岡山の山頂に向かう斜面は作業道がつけられていないため、山仕事の人がつけた踏み跡を見ながら木立などを利用して登っていきます。

曽爾高原

日頃登山道が整備された山行きに馴れた皆さんも、森林整備のフィールドは未知の体験で、アスレチック気分でワクワクする反面、目だった足がかりがないため登るのに一苦労です。

曽爾高原

案内して頂いたのは、最近いつもご一緒させていただいている遊山トレッキングサービスのMr.Dash & ともちゃんです。

曽爾高原

吉野杉の人工林を抜けて稜線に出ると、目の前に屏風岩が見えます。

曽爾高原

ここからもう一息登って楯岡山の山頂へ。

曽爾高原

楯岡山の山頂からの景色です。青空にくっきりと屏風岩が浮き上がっています。

曽爾高原

こちらは前回登った三峰山の景色です。あれだけ吹雪いていた山頂付近も、すっかり雪が溶けて春の装いになっています。

曽爾高原

山頂で休憩した後は、いよいよ曽爾高原に向かって出発です。


曽爾高原
曽爾高原

目無橋から車で移動して曽爾高原に到着すると、丁度草原の中腹あたりまで山焼きが進んでいるところです。

曽爾高原

山焼きを眺めながらお弁当を食べていると、いよいよクライマックスへ。ゴー!というススキの燃える音と炎の温度がこの位置まで伝わってきます。

曽爾高原

山焼き終了後の草原のようすです。すっかり炭化した草原は、春から夏にかけて緑の絨毯に、そして秋には再びススキの草原に循環します。


済浄坊渓谷
曽爾高原

済浄坊渓谷は、兜岳と屏風岩の間を流れる横輪川沿いに整備された、全長2km程の川沿いの遊歩道です。

曽爾高原

川床を見ると細かくクラックの入った板状節理が見られます。調べてみると、このあたりは約1500万年前に起きた室生火山群の活動によってできた地形で、室生山地とも呼ばれるそうです。

曽爾高原

済浄坊の滝の上からの眺めです。川底の節理でくだけた水が細かい飛沫を上げながら滝壷に流れ込んでいます。

曽爾高原

上の滝の滝壷部分、綺麗なエメラルドグリーンです。

曽爾高原

こちらは下の滝、このあたりにはかつて「済浄坊」という寺があり、修験者が禊をして不動明王の霊を仰いだそうです。

曽爾高原

この日は、山歩きに曽爾高原の山焼き、渓谷沿いの遊歩道と三箇所を巡り、盛り沢山な1日でした。


参考図書

この本は、地層に関する基本的なことをイラストを使ってわかりやすく解説しています。地層全体のことがわかると、大陸の動きや火山の噴火、津波の災害などについても知ることができます。

本書を読めば、地層のことだけではなく、地球の活動まで理解できるのです。自分の足元が、どうなっているのか、どうやってできたのか、知りたいと思いませんか?そんな方には、ぜひ手に取って読んでもらいたい一冊です。

三峰山ハイキング

三峰山

霧氷バスで有名な三峰山に行ってきました。三重県側のゆりわれ登山口から取り付き、登山口~八丁平~三峰山の往路を戻るコースです。

三峰山

登山口からしばらく続く杉林を過ぎると、リョウブやヒメシャラが群生する二次林が現れます。

三峰山

この日は上空の雲の流れが速く、吹雪が吹いたと思ったら晴れ間が出たりと、めまぐるしく天気が変わります。

三峰山

つかの間の青空に雪化粧のヒメシャラが映えます。その姿は太陽に向かって両手を広げ、背伸びをしながら微笑んでいるようです。

三峰山

山頂に近づくにつれ、尾根筋に再び雪が降りはじめました。

三峰山

アセビの群生地を抜け、急に目の前の景色が開けたと思ったら八丁平に到着です。結構な吹雪で、あたりは一面の雪景色です。

三峰山

八丁平の道標前に到着。案内して頂いたのは、前回に引き続き遊山トレッキングサービスのMr.Dash & ともちゃんです。

三峰山

八丁平から少し歩くと、三峰山の山頂です。生憎の吹雪で山頂からの展望は全くありませんでした。

三峰山

三峰山頂から八丁平への帰り道、一瞬の晴れ間が現れました。木の枝には2センチ程度に成長した霧氷が付着しています。

三峰山

標高が下がるにつれ天候が回復、太陽が顔を覗かせてくれました。

三峰山

少しずつ見通しが利くようになり、遠くに山影が見えています。

三峰山

最後は向かいの山並みに見送られ、雪の三峰山を後にしました。


軽アイゼンについて

雪山で行動するにはアイゼンが必要になります。ここでご紹介するのは、マウンテンダックスの6本爪アイゼンです。当日は結構な吹雪でしたが、このくらいの軽アイゼンがあれば十分間に合います。ワイドタイプもありますので、男性にも使いやすいと思います。

土踏まずの部分に付けられたプレートのお陰で足裏に雪がつかず、コンパクトに収納できるベルト式で、499gという軽さも魅力です。


参考図書

ふるさとの山々を網羅した、分県登山ガイドシリーズ『三重県の山』が、20年ぶりにパワーアップして完全リニューアルされました。 シリーズ累計200万部突破の大人気のガイドブック。 地図が大きくなり、情報もより充実しています。

コースタイムは往路、復路の二通りを記載。体力度は共通のグレーディング算出方法で全国を統一しましたので、よりわかり易く、より参照しやすくなりました。

八幡山ハイキング

八幡山

滋賀県近江八幡市の八幡山を散策してきました。

八幡山

登山口の百々神社の横には、里山ハイキングガイドの皆さんが設置した、八幡山縦走コースの案内図があります。

八幡山

山道に入ると先日の寒波で積もった雪がコース上に残っています。

八幡山

この辺りでも50センチの積雪があったらしく、地元のボランティアの方に聞くと、これだけ積もったのは初めての経験とのことでした。

八幡山

雪道のハイキングが初めてのひまわりさんは、「こんなところを歩くのはじめて~♪(*^・^)ノ」とはしゃいでいます。

八幡山

水郷展望台からの眺めです。案内をしていただいたのは、遊山トレッキングサービスのともちゃんです。

八幡山

向かいの山の手前に見えるのは、琵琶湖の内湖では最大の面積を誇る「西の湖」です。西の湖の湖岸にある「よし笛ロード」ではバードウォッチングが、手前の中州が見える水郷では「おうみはちまん水郷めぐり」が楽しめます。

八幡山

西の湖の展望を楽しんだ後は、再び山道へ。大きな石の横を通ります。

八幡山

北虎の口展望台から見た比良山系の景色です。琵琶湖バレイのある蓬莱山頂も、うっすらと冠雪しています。

八幡山

のろし展望台から見た八幡山の景色です。山上には瑞龍寺の屋根が見えます。

八幡山

八幡山に向かう最後の登り坂です。

八幡山

尾根道を歩いていると、時折木々の間から琵琶湖の景色が楽しめます。

八幡山

最後の坂道を登りきり、無事八幡山に到着です。

八幡山

八幡山頂から湖東平野の展望です。山並みの左手前に見えるのは安土城址のある安土山、その後ろに見えるのは鈴鹿山脈です。

八幡山

西の丸からの眺めは、琵琶湖の向こうに比良山地や比叡醍醐山地の景色を一望できます。

今回歩いたコースは、平成17年より「滋賀県里山ハイキングガイド」の皆さんが、8名のメンバーで地図と磁石を片手に迷いながら縦走し、整備されたコースです。

京都府立大学の深町准教授と森林総合研究所の奥研究員の指導の下、集落とそれを取り巻く里山や農地、湿地等の里地里山の中心をなす二次林の整備や周辺の放置竹林の整備、子供たちの環境学習等を通じて生物多様性保全に取り組んでおられ、毎月第3木曜日には八幡山縦走路の整備をされています。

今回現地で出会い、案内して頂いた「八幡山の景観を良くする会」の村西氏に感謝すると共に、今後もこのような活動を通じて、理想的な里山保全活動が持続されることを願っています。


近江八幡市街地

八幡山

下山後は、近江八幡のたねやさんで休憩、焼きたてのつぶら餅をいただきました。その後、向かいのクラブハリエで、名物のバームクーヘンなどのお土産を買って帰りました。


滋賀県里山ハイキングガイドの活動の優れているところは、「里山整備」と「まちづくり」をリンクさせているところです。多くの森林ボランティア団体は、その活動が里山に限られています。

「滋賀県里山ハイキングガイド」のホームページを見ると、市街地の案内や水郷めぐりの紹介など、その活動は豊臣秀次の八幡山城跡を中心に、近江八幡の歴史と景観全てに注がれているように感じます。


こちらが近江八幡名物、クラブハリエのバームクーヘンです。