二上山

二上山上ノ池横登山口に設置された、ハイキングマップです。

登山口を入るとすぐ側に上ノ池があります。

二上山上ノ池横登山口から雄岳に向かう登山道です。

雄岳六合目から香芝市内の展望です。

雄岳六合目から雄岳山頂に向かう登山道の様子です。

雄岳山頂付近の登山道の様子です。全体に良く整備されていて、毎日登山に訪れる地元の方と頻繁にすれ違います。

登山道の脇に設置された石標です。

二上山山頂付近にある大津皇子御陵 です。宮内庁名で「天武天皇皇子大津皇子二上山墓」と書かれてあります。

二上山雄岳山頂です。眺望もベンチもないので、そのまま雌岳に向かいます。

雄岳山頂から馬の背に向かう登山道の様子です。馬の背のトイレは故障中ですが、代わりに仮設トイレが置かれています。

二上山馬の背から雌岳山頂に向かう登山道の様子です。

二上山雌岳山頂広場の様子です。連休中日ということもあり、沢山のハイカーで賑わっています。

雌岳山頂からの景色です。天気が良い日は大峯山脈が見えるそうです。

広場から少し離れたところに雌岳山頂の標識があります。

雌岳から馬の背に戻るルートです。

馬の背に設置されたイラストマップです。正面に天の香具山や明日香村、遠く鈴鹿山脈が描かれています。

馬の背から祐泉寺に下る登山道の様子です。

こちらの登山道は階段が多く、ごろごろとした石が転がっています。

祐泉寺に向かう登山道の真ん中に、人の背丈よりも大きな石が転がっています。

この日も午後から天候が回復、温かい日差しが戻ってきました。

苔むした石についたマメヅタです。奈良県のマメヅタは大きくて色鮮やか、ここのマメヅタも元気に育っています。

こちらも登山道で見かけた巨石です。このあたりは昔は火山だったそうで、中新統の火山岩類が分布しているらしく、この岩も溶岩が冷えて固まったような形をしています。

標高500メートル前後の低山ですが、なかなか面白い山容がたのしめます。

この橋を渡ると一般道に合流します。前を歩いているのは、登山道の途中でみかけたキノコ(木材腐朽菌)の話をした女の子とおばあちゃんです。


登山道の出口です。山門のすぐ右側に祐泉寺があります。

二上山から當麻に向かう途中には、1300年前に築造された鳥谷口古墳があります。

墓室は横口式石槨という構造で南側に開口部があり、二上山で産出された凝灰岩が使用されています。

こちらは奈良県指定有形民俗文化財の傘堂です。総欅作りで、真柱一本で宝形造木瓦葺の屋根を支える独特の姿から傘堂と呼ばれています。

當麻寺に到着です。當麻寺は聖徳太子の異母弟、麻呂子王ゆかりのお寺です。

また、當麻寺は当麻曼荼羅を織ったとされる中将姫の伝説でも知られています。

お参りの後は、釜めしの玉やさんで昼食です。

選んだメニューは、4種類の中から選べる釜めしセットです。

その中から、玉やさんお勧めのヤマトポークの釜めしを注文しました。

デザートにブドウのゼリーがついて1,980円です。この後、お隣の茶房ふたかみで甘酒を頂き、近鉄当麻駅前の中将堂本舗で中将餅を買って帰りました。

比良山

お正月休み、比良山系の打見山から小女郎池までスノーハイクを楽しみました。

この日は1メートル超えの積雪です。

蓬莱山の南斜面には、蓬莱山山頂と小女郎峠の案内標識があります。

蓬莱山から小女郎峠に向かう尾根道です。

このあたりは夏に来ると鹿がいっぱい集まっているのですが、雪が深すぎるのか、どこにも鹿の足跡が見当たりません。

雪の感触を楽しんでいると、少しずつ青空が広がってきました。

尾根沿いの木々もすっかり雪化粧です。

小女郎峠に到着です。写真の中央には小女郎谷を登ってくるグループが写っています。

小女郎峠から小女郎池に向かう夏道には、しっかりと踏み跡がついています。

午後からは天候が回復し、小女郎峠から琵琶湖を眺めることができました。

小女郎峠から琵琶湖大橋方面の景色です。

峠の立ち木には、エビの尻尾がついています。

この日の比良山は雪質が良く、ワカンがよく効いています。

パタパタという音に振り返ると、山の尾根沿いの低いところを何度もヘリコプターが飛んでいます。

良く晴れた冬の一日、のんびりとスノーハイクを楽しみました。

蓬莱山頂にある 琵琶湖バレイのスキーリフトです。このロープをまたぐと、琵琶湖バレイのゲレンデです。

帰り道、琵琶湖バレイのゲレンデから見た琵琶湖の景色です。

最後はゲレンデの脇を通って打ち見山から下山しました。

曽爾高原ハイキング

楯岡山
曽爾高原

奈良県宇陀郡曽爾村にある曽爾高原に山焼きを見学しにいってきました。山焼きはお昼前後が見ごろとのことで、午前中は青蓮寺川の対岸にある楯岡山でミニハイキングです。

曽爾高原

目無橋から作業用の林道を歩き、山頂に向かいます。

曽爾高原

このあたりは吉野杉の産地で、古くから林業の里として知られており、良材を作るための間伐や枝打ち作業が適度に行われているため、林内は明るく快適に整備されています。

曽爾高原

作業用林道の始点から楯岡山の山頂に向かう斜面は作業道がつけられていないため、山仕事の人がつけた踏み跡を見ながら木立などを利用して登っていきます。

曽爾高原

日頃登山道が整備された山行きに馴れた皆さんも、森林整備のフィールドは未知の体験で、アスレチック気分でワクワクする反面、目だった足がかりがないため登るのに一苦労です。

曽爾高原

案内して頂いたのは、最近いつもご一緒させていただいている遊山トレッキングサービスのMr.Dash & ともちゃんです。

曽爾高原

吉野杉の人工林を抜けて稜線に出ると、目の前に屏風岩が見えます。

曽爾高原

ここからもう一息登って楯岡山の山頂へ。

曽爾高原

楯岡山の山頂からの景色です。青空にくっきりと屏風岩が浮き上がっています。

曽爾高原

こちらは前回登った三峰山の景色です。あれだけ吹雪いていた山頂付近も、すっかり雪が溶けて春の装いになっています。

曽爾高原

山頂で休憩した後は、いよいよ曽爾高原に向かって出発です。


曽爾高原
曽爾高原

目無橋から車で移動して曽爾高原に到着すると、丁度草原の中腹あたりまで山焼きが進んでいるところです。

曽爾高原

山焼きを眺めながらお弁当を食べていると、いよいよクライマックスへ。ゴー!というススキの燃える音と炎の温度がこの位置まで伝わってきます。

曽爾高原

山焼き終了後の草原のようすです。すっかり炭化した草原は、春から夏にかけて緑の絨毯に、そして秋には再びススキの草原に循環します。


済浄坊渓谷
曽爾高原

済浄坊渓谷は、兜岳と屏風岩の間を流れる横輪川沿いに整備された、全長2km程の川沿いの遊歩道です。

曽爾高原

川床を見ると細かくクラックの入った板状節理が見られます。調べてみると、このあたりは約1500万年前に起きた室生火山群の活動によってできた地形で、室生山地とも呼ばれるそうです。

曽爾高原

済浄坊の滝の上からの眺めです。川底の節理でくだけた水が細かい飛沫を上げながら滝壷に流れ込んでいます。

曽爾高原

上の滝の滝壷部分、綺麗なエメラルドグリーンです。

曽爾高原

こちらは下の滝、このあたりにはかつて「済浄坊」という寺があり、修験者が禊をして不動明王の霊を仰いだそうです。

曽爾高原

この日は、山歩きに曽爾高原の山焼き、渓谷沿いの遊歩道と三箇所を巡り、盛り沢山な1日でした。