ひょうご木の匠の会規約

(名称)

第1条 本会は、「ひょうご木の匠の会」(以下、匠の会という。)と称する。

(目的)

第2条 匠の会は、兵庫県産木材の利用を通じて資源循環型林業の確立と豊かな森づくりを応援するため、 「ひょうご木の匠」登録工務店が互いにゆるやかに連携し、地域材を使用する意義や木の良さのPRを一体的に行うほか、 情報交換や各種研修の開催、県行政では対応が困難であった企業情報を前面に出したエンドユーザー向け広報活動などを柔軟かつ 積極的に展開するための組織として設立する。

(事業)

第3条 匠の会は、前条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。
(1)県産木材を使用した木造住宅の建築やリフォームを促進するための活動
(2)エンドユーザーの関心や理解を深めるための活動
(3)会員の連携と理解を深めるための情報交換、研修、検討会等の開催
(4)会員の活動状況等を広く県民に周知するための活動
(5)その他、匠の会の目的達成に必要な事項

(会員)

第4条 会員は、以下の登録基準を満たした「ひょうご木の匠」登録工務店とする。
(1)兵庫県内に事務所又は営業所を置いており、建築業法その他の法令を遵守していること。
(2)構造計算を行うなど性能が明確な木造住宅を供給できる体制を有していること。
(3)梁等、これまで県産木材の利用が低位な部材に県産木材を利用する技術を有していること。
(4)県産木材を使用した木造住宅の建築戸数等を増加させる計画を有すること。
(5)県産木材に関する情報を積極的に提供していること、又は提供する計画を有すること。

(役員)

第5条 匠の会には、次の役員を置く。
(1)会 長 1名
(2)副会長 若干名
(3)監 事 2名
2 役員は会員の中から互選で選出する。
3 役員の兼任は妨げないものとする。ただし、会長と副会長、監事の兼任は不可とする。
4 会長は会務を整理し、匠の会を代表する。
5 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を行う。
6 監事は、匠の会の会計を監査する。
7 役員は、役員会を構成し、事業計画、事業報告、予算並びに決算の作成及びその他匠の会の運営に必要な事項を検討する。

(役員の任期)

第6条 役員の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない。
2 役員の任期中に異動が生じた場合、後任者の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員は、任期終了後であっても、後任者が選出されるまでの間、その職務を行う。

(会議)

第7条 総会は毎年1回開催するものとし、会長がこれを招集する。ただし、会長が必要と認めるときは臨時に総会を開催することができる。
2 総会の議長は会長があたる。
3 総会の議決は、総会出席会員の過半数をもって決し、可否同数の場合は、会長の決するところによる。
4 総会は、次の事項を議決する。
(1)匠の会の基本的な方針に関すること。
(2)事業計画及び事業報告に関すること。
(3)収支予算及び収支決算に関すること。
(4)規約の変更に関すること。
(5)役員の選任に関すること。
(6)その他会務運営上、特に必要な事項に関すること。
5 役員会は、必要に応じて会長が招集し、議長は会長があたる。
6 その他、緊急を要する案件等、特別の事情により、総会、臨時総会、役員会に諮ることができない場合は会長が専決する。

(入会)

第8条 匠の会に入会しようとする者は、「ひょうご木の匠」制度に登録した上で、会長に口頭または書面で申し出るものとする。 その際、残期間に関わらず、当該1年間分の会費を納入するものとする。

(脱会)

第9条 匠の会を脱会しようとする者は、会長に口頭または書面で申し出るものとする。その際、残期間に関わらず、 納入された会費については返却しないものとし、未納の会費がある場合には納入を求めるものとする。 また、「ひょうご木の匠」制度の登録が取り消しとなった場合は、匠の会も自動的に脱会となるものとする。

(会費)

第10条 年会費は、毎年度、別途定める。なお、匠の会の運営上、必要が生じた場合には行事、企画等ごとに別途徴収できるものとする。

(会計)

第11条 匠の会の経費は、会費、臨時会費、寄付金、その他の収入をもって充てる。
2 会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。ただし、初年度は予算成立時から翌年3月31日までとする。

(事務局)

第12条 匠の会の事務局は、神戸市内に置き、別途定める。

(補則)

第13条 この規約に定めるもののほか、匠の会の運営に必要な事項は、役員会で別に定める。

附則

1 この規約は、平成28年3月14日から施行する。