虹の森

兵庫県立ゆめさきの森公園で里山林整備を行っている、虹技株式会社「虹の森」の紹介です。

チェーンソーのメンテナンス

この日はチェーンソーの、日々のメンテナンス作業の講習会を開きます。

ソーチェーンの目立てに必要な、ヤスリと補助具の使い方のテキストです。

まずはチェーンソー本体とガイドバーに付着した、切り屑などの汚れを掃除します。

綺麗に掃除ができたら、ガイドバーとソーチェーンを組み立てて目立ての練習です。

しばらく練習すると、目立てのコツが掴めてきました。

エアクリーナーやプラグの点検が終わったら、燃料を入れエンジンの試し掛けをしてメンテナンス終了です。

チェーンソーの使い方と伐倒方法の講習

綺麗に手入れされたチェーンソーを持って、作業エリアに向かいます。

作業エリアに到着です。階段を上って間伐作業に適した場所を探します。

まず最初に周囲の地形と立木の樹形を確認し、伐倒方向を定めます

広葉樹の間伐は掛り木に注意が必要なため、ロープで倒したい方向に引っ張りながら伐倒します。

立木のできるだけ高いところに掛けてロープを固定します。

今回はチルホールは使わず、立木の幹を使ってロープを引きます。ロープが確保できたら受け口を入れます。

受け口ができたら、追い口を入れます。

最後はツルを残した状態で、ロープを使って倒れる方向をコントロールします

予定通り、狙った方向に倒すことができました。

虹の森

兵庫県立ゆめさきの森公園で里山林整備を行っている、虹技株式会社「虹の森」の紹介です。

作業前の注意事項と広葉樹の説明です。

この日の活動は登山道の階段づくりです。

急な斜面ですので、材料を運ぶのも大変です。

上から見るとこんな角度の急斜面です。

登山道には枯葉が積もっていますので、怪我のないように気をつけて杭を打ち込んでいきます。

登山道最上部、ゆめさきの森公園のハイキング道と合流する部分です。

ハイキング道との合流部分、この階段を上がると池見展望台に出ます。

合流部分から通宝寺池に向かう見晴らしの道の様子です。

尾根筋の終点部分、ここから作業エリアの西側の谷に下りる道があります。

虹の森の活動エリアと合流する手前の様子です。

虹の森とかぜの谷道の間にある谷筋の様子です。

谷筋のカラスザンショウの高木です。

綺麗なツバキの蕾です。

こちらはシキミの花です。

黄色の可愛い花がついています。

登山道の上部で見かけた大きなスダジイです。


虹の森

虹の森

前日から気温が下がりすっかり冬の装いとなった虹の森、この日は年内最後の活動日です。

虹の森

こちらのチームは、活動エリアから尾根道へと続く階段周辺の整備です。

虹の森

階段の設置場所には、予め必要な寸法に玉切りされた丸太が間配りされています。

虹の森

木の幹に巻かれた赤いテープは階段を設置するルートを示す目印です。

虹の森

この先は未整備区域のため、ハイカーが間違えて踏み込まないようにロープが張られています。

虹の森

階段を設置する予定のルートを登り尾根道と合流すると、池見展望台がありました。

虹の森

斜面中程では、階段のすぐ脇にあるスペースの常緑照葉樹を伐採していきます。切り倒した木は、玉切りにして斜面に等高線に置いていきます。

虹の森

こちらは樹木に巻きついた蔓を刈り取っているところです。

虹の森

活動エリアの下部エリアでは、台風で散乱した伐採木の整理作業が行われました。

虹の森

虹の森には9軒のバードハウスが設置されています。今年はそのうちの5軒に小鳥が子育てをした形跡がありました。整備エリアの拡大に伴い、今後もバードハウスを増やしていくつもりです。