虹の森

虹の森

前日から気温が下がりすっかり冬の装いとなった虹の森、この日は年内最後の活動日です。

虹の森

こちらのチームは、活動エリアから尾根道へと続く階段周辺の整備です。

虹の森

階段の設置場所には、予め必要な寸法に玉切りされた丸太が間配りされています。

虹の森

木の幹に巻かれた赤いテープは階段を設置するルートを示す目印です。

虹の森

この先は未整備区域のため、ハイカーが間違えて踏み込まないようにロープが張られています。

虹の森

階段を設置する予定のルートを登り尾根道と合流すると、池見展望台がありました。

虹の森

斜面中程では、階段のすぐ脇にあるスペースの常緑照葉樹を伐採していきます。切り倒した木は、玉切りにして斜面に等高線に置いていきます。

虹の森

こちらは樹木に巻きついた蔓を刈り取っているところです。

虹の森

活動エリアの下部エリアでは、台風で散乱した伐採木の整理作業が行われました。

虹の森

虹の森には9軒のバードハウスが設置されています。今年はそのうちの5軒に小鳥が子育てをした形跡がありました。整備エリアの拡大に伴い、今後もバードハウスを増やしていくつもりです。

虹の森

兵庫県立ゆめさきの森公園で、下草刈や不用木の除去などの里山林整備を行っている、虹技株式会社「虹の森」の紹介です。

虹の森

活動地の看板の前で記念撮影。

フタリシズカ

ゆめさきの森公園に到着すると、駐車場の近くにフタリシズカが咲いていました。

マムシグサ

すぐ近くにはマムシグサも。

ヤブデマリ

活動エリアへ移動する道沿いでは、ヤブデマリの花が満開でした。

階段の整備

最初のチームは、活動エリアから尾根道へと続く階段の整備です。

階段の整備

玉切りした間伐材を使って階段をつくっています。

除伐作業

東側の斜面では、雑木の除伐作業が行われています。

除伐作業

伐採した雑木は枝払いした後、短く玉切りにして積み上げていきます。

サンショウ

野生のサンショウもあちこちで見かけました。

間伐作業

東斜面にあるスギの伐採作業です。

間伐作業

受口を入れ、チェーンソーで作業しています。

間伐作業

この辺りのエリアは広葉樹の森にしたいそうです。

ウッドデッキ

ウッドデッキの階段部分には、新しく手すりが設置されました。

ハイキングルート

尾根筋のハイキングルート

ハイキングルート

最初のピークに置かれたベンチです。

ハイキングルート

ハイキングルートの道標。

ハイキングルート

朝からの雨で、霧がでています。