余暇村なごみの森

兵庫県立北播磨余暇村公園で生物多様性保全に取り組む活動をしている、川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」の紹介です。

森林整備活動

ヤマザクラの咲く園内を通って、活動エリアへ移動 します。

現地に到着した人からヘルメットや鋸等の装備を整えます。

兵庫県森林組合連合会の中西さんより作業内容の説明です。

作業エリアでは満開のヤマザクラがお出迎えです。

こちらは徐伐班、北はりま森林組合のスタッフに指導していただきます。

まずは徐伐班が活動エリアに移動します

徐伐班は、ヒサカキやソヨゴなどの常緑照葉樹を伐採していきます。

光を遮る常緑照葉樹を伐採することで、明るい森をつくることができます。

下草刈り

こちらの班は下草刈りの作業です

下草刈りは、小さい子供たちも作業に参加しています。

この辺りはイバラが多いので、棘に気をつけて作業をしています。

下草を刈り取ってフィールドを切り開いていきます。

フィールドで見かけたタラノ芽です

同じくフィールドで見かけたフデリンドウです。 徐伐作業や下草刈りなどの森林整備活動を続けることによって、 地中に眠っているフデリンドウなどの草原性植物の種子が芽吹いてきます。

こちらはクロモジの花、クロモジの枝は、高級和菓子などの楊枝として使われています。

同じくフィールドで見かけたショウジョバカマです。

こちらの女の子は、枝打ちに挑戦中です。

徐伐した木は枝払いして作業終了です。

クラフト教室

今回のクラフト教室は、間伐材を使ったコースターづくりです

クラフト教室の前に、森の倶楽部のスタッフによる森づくりの紙芝居を拝見します。

最初は型紙を使ってコースターに絵付けをします。

思い思いのイラストに色をつけていきます。

こちらは手鋸を使ったコースターの切り出し作業です。

切り取ったコースターをサンダーで磨いています。

この子はドラえもん。

こちらは小さなピンクの花。

それぞれに趣向を凝らしたコースターができあがります。

完成したコースターです。

余暇村なごみの森

森づくり

兵庫県立北播磨余暇村公園で生物多様性保全に取り組む活動をしている、川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」の紹介です。

ヒトクチタケ

宿泊棟の近くで見かけたヒトクチタケです。

植栽作業

まずは植栽作業。この日の苗木は、ムラサキシキブ、ヤマハギ、ナナカマド、ミヤマガマズミ、コムラサキシキブ、ヤマツツジ、ヤマアジサイ、ヤブムラサキと、紙すきの材料となるコウゾ、ミツマタです。それぞれの低木10種類を10本づつ、合計100本の苗木を植えました。

下草刈り

植栽作業の後は前回までの活動で植栽作業をしたエリアの下草刈りです。作業が進むにつれ足元が明るくなってきます。

ヌルデ

作業エリアで見かけたヌルデの若芽です。

ナガバノモミジイチゴ

エリア内に沢山自生しているナガバノモミジイチゴには、綺麗な花が咲いていました。

紙すき体験

もうひとつのお楽しみは牛乳パックを使った「紙すき体験」。川重ハートフルサービスの皆さんと、紙再生工房の前橋師匠による紙すき教室が開催されました。

完成

出来上がった牛乳パックの再生紙です。公園の落ち葉を使った木の葉模様の再生紙が完成しました。


余暇村なごみの森

余暇村なごみの森

兵庫県立北播磨余暇村公園で生物多様性保全に取り組む活動をしている、川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」の紹介です。


下刈り

余暇村なごみの森

この日の活動は下草刈りです。

余暇村なごみの森

以前植樹作業をしたエリアの下刈を行っていきます。

余暇村なごみの森

この子は活動スタッフに、赤い実をつけたサルトリイバラの名前を教えてもらっています。

余暇村なごみの森

小さな女の子も、剪定鋏を手に作業をしています。

余暇村なごみの森

草むらでは、そよそよと吹く風にススキの穂がゆれていました。

余暇村なごみの森

藪のようになっていたフィールドが、すっかりきれいになりました。


森林整備作業

余暇村なごみの森

こちらのグループは森林整備作業です。

余暇村なごみの森

常緑照葉樹などの不要木を徐伐していきます。

余暇村なごみの森

徐伐した木は枝払いし、一箇所にまとめておきます。

余暇村なごみの森

切り倒した木は早く腐朽・分解するように、地面に踏みつけておきます。

余暇村なごみの森

草の間に隠れているのは緑色のバッタです。

余暇村なごみの森

草むらで写真を撮っていると、ツマグロヒョウモンのオスがやってきました。


昼食タイム

余暇村なごみの森

綺麗な紅葉をながめながらランチタイムです。

余暇村なごみの森

この日のお昼は、chattanaさんの「百日どりと国産肉のミンチ食べくらべ弁当」でした。


紙すき体験

余暇村なごみの森

川重ハートフルサービスの皆さんと、紙再生工房の前橋師匠による紙すき教室です。

余暇村なごみの森

前回と同じく、牛乳パックを使った再生紙の紙すき体験をします。

余暇村なごみの森

ドロドロに溶かした牛乳パックを木枠ですくい上げ、繊維を蓄積させます。

余暇村なごみの森

今回は金型をつかって模様をつくります。紙いっぱいにひろげた金型に、色とりどりの模様がならべられています。

余暇村なごみの森

二つ折りにしたペットシートを使って紙に残った水分を吸い取っていきます。

余暇村なごみの森

さらにローラーを使って、縦横両方向からしっかりと水分を絞ります。

余暇村なごみの森

カラフルな牛乳パックの再生紙の完成です。


閉会式

余暇村なごみの森

最後は参加者の皆さんに、恒例の鹿ドッグとジュースが配られました。