シスメックスの森

小野市河合西町で「新ひょうごの森づくり」に賛同し、 水源の涵養に資するため森林の整備作業を実施している「シスメックスの森」の紹介です。

生物多様性の保全

作業リーダーより「キンラン」の保全エリアについての説明です。

少し花の時期が過ぎましたが、つぶらな黄色い花をつけています。

こちらは旅する蝶として知られる「アサギマダラ」が好む、フジバカマの保全エリアです。

広場の横を流れる小川には、今年もオオシオカラトンボのオスが集まっています。

除伐作業

この日の作業は、常緑照葉樹の伐採作業です。

この日の伐採木は、ヒサカキ、イヌツゲ、カナメモチ、ソヨゴ、アラカシです。

ピンクのリボンで印をつけた見本木を見ながら作業を進めます。

作業エリアで見かけたマイマイガの幼虫です。

同じく作業エリアで見かけた、ウスタビガの幼虫です。

紅葉の植樹

ハイキング道や活動エリアの一角では、参加者による紅葉の植樹が行われました。

キッズプログラム1

こちらは子供たちによる、ササ刈り作業です。

ハイキング道に沿って、ササ刈りを行っていきます。

キッズプログラム2

もう一つのキッズプログラムは、紅葉の寄せ植えです。

苗木を植えたら、土の表面に苔を被せていきます。

鉢全体を苔で覆うと、見た目も美しく乾燥防止に役立ちます。

完成した紅葉の寄せ植えです。

最後は完成した寄せ植えをもって、参加者の皆さんで記念撮影!

シスメックスの森

ユスラウメ

小野市河合西町で「新ひょうごの森づくり」に賛同し、 水源の涵養に資するため森林の整備作業を実施している「シスメックスの森」の紹介です。

コガネムシ

真っ赤に熟したユスラウメ、食べてみるとグミのような甘酸っぱい味がしました。小さい葉っぱには、コガネムシがとまっています。

ネジキ

一列にならんで咲いている白い花は、ネジキの花です。

ノアザミ

活動地の入り口にある日当たりの良い斜面には、ノアザミの花が咲いていました。

下草刈り

最初の作業は下草刈りです。初めて参加する方や、こどもたちも安心して取り組むことができる作業です。

間伐作業

こちらは間伐作業。森づくり活動の経験者を中心に、歩道周辺の間伐を行っています。

水辺1

こちらの班は水辺の枯れ木や枝葉の除伐作業です。

水辺2

こどもたちは、ヒバカリヘビやカナヘビ、イボカエルやアカガエル、イモリなどの水辺の生き物に興味津々です。

水辺3

その中でも生き物に詳しい男の子が見つけてきた、カスミサンショウウオです。(兵庫県絶滅危惧Ⅱ類)

オオシオカラトンボ1

こちらの男の子は、近寄ってきたオオシオカラトンボを素手で捕えていました。

オオシオカラトンボ

模様が黄色いのはオオシオカラトンボのメスです。

虫かごに

こどもたちが捕まえた昆虫は、お母さん方が虫かごに仕舞っています。

キッズプログラム

こどもたちを対象にした「キッズプログラム」は挿し木に挑戦です。アジサイ、ライラック、バラ、チンチョウゲ、ピラカンサ、サクラから3種類を選びます。

歩道の整備1

活動の最後は歩道の整備作業です。フィールド内に積み上げられた間伐材のチップを敷き詰めていきます。

歩道の整備2

撒かれたチップをカンジキでならせば、本日の作業は終了です。