コープの森・社家郷山

「山とくらしをつなぐ学びの森」をテーマに「多様な生き物を育む豊な森づくり」を進め、この森づくりが私たちの暮らしとどう関係しているのかを少しでも多くの人に伝える活動をしている「コープの森・社家郷山」のご紹介です。

森林整備活動

この日の活動は、広葉樹の間伐です。

枝掛かりや伐採木の重心を考慮して、伐倒方向を決めていきます。

今回はチルホールを設置して、牽引作業を行います。

ナイロンスリングを使って、伐採木にワイヤーを掛けているようすです。

ワイヤーの直引きは危険ですので、手前の樹木を経由して伐採木を牽引しましす。

無事、 狙った方向に倒すことができました。

伐倒した木は、適当な長さに玉切りしていきます。

チェーンソーの整備

作業の後は、チェーンソーの手入れを行います。

資料を見ながら、作業の概要を説明しています。

ヤスリを使ってアサリの目立てをしていきます。

説明が終わったら、一人ずつ目立ての練習をしていきます。

作業用のガイドを利用していますが、なかなかコツがつかめません。

焦らずに、ゆっくりと丁寧に練習しています。

コープの森・社家郷山

「山とくらしをつなぐ学びの森」をテーマに「多様な生き物を育む豊な森づくり」を進め、この森づくりが私たちの暮らしとどう関係しているのかを少しでも多くの人に伝える活動をしている「コープの森・社家郷山」のご紹介です。

兵庫県緑化推進協会皆木より、みどりの募金の紹介と有用広葉樹についてのお話です

この日の活動は、コナラの薪づくりです。

予め森の中で乾燥させておいたコナラの木を玉切りにしていきます。

玉切りにしたコナラを積み上げています。

こちらが活動エリアに群生するコナラの木です

活動エリアからハイキングコースに向かう登山道です。

となりのエリアでは、常緑照葉樹などの雑木の伐採が行われています。

伐採木の枝条集積状況です。

兵庫県緑化推進協会皆木による、チェーンソーの手入れについて説明です。

ヤスリを使ってアサリの目立てをしていきます。

活動エリアの近くには、真っ白なアセビの花が咲いていました。


コープの森・社家郷山

コープの森

「山とくらしをつなぐ学びの森」をテーマに「多様な生き物を育む豊な森づくり」をめざして、この森づくりが私たちのふだんのくらしとどう関係しているのかを多くの人に伝えるために活動をしているコープの森・社家郷山の紹介です。

コープの森

この日の活動は下草刈りの予定でしたが、台風と積雪の影響で倒木が多く予定を変更して倒木の整理を行います。

コープの森

NPO法人こども環境活動支援協会LEAFの小川氏の指導の下、現場の状況を確認しながら作業内容を相談しています。

コープの森

まずは手鋸を使って台風で傾いた危険木を伐採していきます。

コープの森

大きな木は、LEAFの小川氏がチェーンソーを使って玉切り作業を行います。

コープの森

切りわけた丸太を、集積用の棚を作るために搬出しています。

コープの森

伐採木の枝条の集積状況です。

コープの森

台風で倒れた大きなソヨゴの風倒木です。

コープの森

切り倒した木は、玉切りにして積み上げていきます。

コープの森

活動エリアの近くにあるハイキングコースからの展望です。
大阪平野が一望でき、手前に甲山、遠くは生駒山系やあべのハルカスが見えます。

コープの森

作業後の森の様子と枝条等の集積状況です。

コープの森

風倒木の整理により、森の中がすっかり明るくなりました。