グローリー夢咲きの森

グローリー夢咲きの森

姫路市夢前町で、森や草原の生物多様性保全に貢献する活動を行っているグローリー株式会社「グローリー夢咲きの森」の紹介です。

グローリー夢咲きの森

午前の活動は「おやこもりのさんぽじかん」です。活動リーダーの「ほねっこ」よりトレイを頂いて、準備ができた家族から活動エリアへ移動します。

グローリー夢咲きの森

しばらく歩いていると、ほねっこがアケビの実をみつけました。

グローリー夢咲きの森

アケビはつる性植物で、ほかの木に巻きついたつるの先に実がなっています。

グローリー夢咲きの森

こちらの子供たちは、ほねっこのなかまの「テト」に教えてもらって、サルトリイバラの実をあつめています。

グローリー夢咲きの森

これもつる性植物のアオツヅラフジです。つるや根を漢方薬に用いることがあるので、カミエビとも呼ばれてます。

グローリー夢咲きの森

これはウルシのなかまのヌルデです。白い部分はシオノミとよばれるリンゴ酸カルシウムの結晶で、 舐めると酸っぱさが混ざったさわやかな塩味がします。昔の山村では塩の代用として利用されていました。

グローリー夢咲きの森

これはノブドウの実です。きれいな色ですが虫こぶが多く、味も悪いので食べられません。


おやこクラフト「もりのランタン」

グローリー夢咲きの森

活動エリアに到着、きれいな秋晴れの活動日和です。

グローリー夢咲きの森

最初にほねっこから、おやこクラフト「もりのランタン」の説明があります。

グローリー夢咲きの森

説明が終わると、家族ごとにわかれておやこクラフトの開始です。

グローリー夢咲きの森

ちいさな子供たちは、おとうさんと一緒にクラフトを楽しみます。

グローリー夢咲きの森

ほねっこから、ランタンを吊り下げるひもの通し方の説明です。

グローリー夢咲きの森

教わったとおりに、ランタンにひもを通していきます。

グローリー夢咲きの森

こちらのお父さんも、上手にできました。

グローリー夢咲きの森

最後は完成したランタンをもって記念撮影です。


おやこもりのゆうえんちづくり

グローリー夢咲きの森

午後の活動は「おやこもりのゆうえんちづくり」です。

グローリー夢咲きの森

こちらはネットウオール。大きなネットの上で子供たちは大喜びです。

グローリー夢咲きの森

こちらはハンモックづくり。

グローリー夢咲きの森

森の中に、色とりどりのハンモックが吊るされていきます。

グローリー夢咲きの森

完成したハンモックで遊ぶ子供たち。

グローリー夢咲きの森

こちらはもりのエレベーター。

グローリー夢咲きの森

はじめての体験に、こわがりながらも楽しんでいます。

グローリー夢咲きの森

グローリー夢咲きの森

姫路市夢前町で、森や草原の生物多様性保全に貢献する活動を行っているグローリー株式会社「グローリー夢咲きの森」の紹介です。


間伐体験

グローリー夢咲きの森

活動の前に、中はりま森林組合による間伐作業のデモンストレーションを見学します。

グローリー夢咲きの森

チルホールとワイヤーロープ、ナイロンスリング等を使い、伐倒方向を定めています。伐採した木は枝払いし、2メートル程度に玉切りにします。


植樹作業

グローリー夢咲きの森

この日の苗木はリンゴの木です。それぞれのグループごとに分かれて植樹作業開始です。

グローリー夢咲きの森

どのグループも、子供たちがシャベルを持って作業にあたりますが、大きなシャベルなので少し重そうです。

グローリー夢咲きの森

植栽した木には名札を付けて、自分たちの木と分るようにしています。


木工作

グローリー夢咲きの森

この日の工作は、間伐材を利用したブックシェルフづくりです。

グローリー夢咲きの森

ブックシェルフを飾りつけするために色々な形にカットされた木片に、マジックで色をつけています。

グローリー夢咲きの森

こちらは完成したブックシェルフです。


テーブルづくり

グローリー夢咲きの森

子供たちがブックシェルフを作っている隣では、大人たちも間伐材を使ったテーブルを作ります。

グローリー夢咲きの森

ベンチづくりベテラン社員主導の下、大人たちの木工作が始まりました。

グローリー夢咲きの森

予めカットして墨付けが施された間伐材に、インパクトを使ってボルトを打ち込んでいきます。

グローリー夢咲きの森

完成後、広場に設置されたテーブルの横にはサクラの植栽木があり、ほのぼのとしたお花見スペースのできあがりです。


自然学習

グローリー夢咲きの森

最後はカブトムシの幼虫を使った自然学習です。

グローリー夢咲きの森

カブトムシは子供たちに大人気で、朝から楽しみにしている子が沢山います。

グローリー夢咲きの森

カブトムシの幼虫を飼育するため、小林産業の小林博さんが竹から作ったおが屑をペットボトルに詰めています。

グローリー夢咲きの森

ペットボトルにおが屑を詰め終わったら、その上にカブトムシの幼虫を置きます。

グローリー夢咲きの森

しばらく見ていると、カブトムシの幼虫がおが屑の中へもぐっていきます。出来上がったペットボトルは持ち帰り、涼しい場所に保管しておくと、立派なカブトムシの成虫に成長します。


グローリー夢咲きの森

グローリー夢咲きの森

姫路市夢前町で、森や草原の生物多様性保全に貢献する活動を行っているグローリー株式会社「グローリー夢咲きの森」の紹介です。

苗の運搬

この日は、コナラ、ヤマザクラ、ヤマモミジの植栽作業です。大きな苗木なので、運ぶのも一苦労です。

植栽作業

班毎に分かれて作業開始、こどもたちも自分たちの旗を掲げて穴掘りに挑戦です。

ジャコウアゲハの保護

作業エリアの隣では、ウマノスズクサの植栽が行われています。姫路市の蝶に指定されているジャコウアゲハを保護するための活動です。

ウマノスズクサの苗

128個のポットには、ひとつずつウマノスズクサの根が分けて入れられています。

ウマノスズクサの植栽

このあたりは小石が多く、沢山のポットの穴を掘るのが大変です。

巣箱の設置

すぐ隣のエリアでは、以前の活動で作った鳥の巣箱が設置されました。

木工体験1

植栽作業の後は木工体験です。この日の作品は引き出し付の飾り棚です。作り方を間違えないように、説明書とにらめっこをしながら組み立てます。

木工体験

出来上がった飾り棚、この後マジックで色を付けたら完成です。

自然学習

午後の活動はカブトムシの幼虫を使った自然学習です。

竹から作ったおが屑

カブトムシの幼虫を飼育するため、竹から作ったおが屑をペットボトルに詰めています。

カブトムシの幼虫

おが屑の上にカブトムシの幼虫を置き、しばらく見ていると幼虫がおが屑の中へもぐっていきます。

観察用飾り棚

完成したカブトムシの幼虫の観察用飾り棚。幼虫が入ったペットボトルをセットして記念撮影です。