吉野山ハイキング

地図

近鉄特急のさくらライナーに乗って、奈良県吉野郡吉野町にある吉野山を訪ねてきました。

吉野山は、大峰山脈を経て熊野本宮へと続く大峯奥駈道の北の入り口にあたり、金峯山寺を中心とした社寺が点在する地域の広域名称です。

オドリコソウ

この日は近鉄吉野駅近くにある吉野ロープウェイが運休のため、吉野駅から金峯山寺までの道のりを散策してきました。

カキドオシ

途中の参道には、上の写真のオドリコソウやカキドオシが沢山咲いています。

クサイチゴ

所々にクサイチゴの花も咲いていました。

シャク

白い小さな花は、この時期お花屋さんで目にするシャクです。花が開く前の茎や葉は山菜として食用にされるそうです。

ウリハムシ

かわいい顔をした小さな甲虫はウリハムシです。ウリ科の植物の葉を好んで食べるのでそう呼ばれるみたいです。人間にとっては害虫ですが、愛嬌のある姿で良いモデルさんになってくれるので、草むらを見かけるとついつい探してしまいます。

ツルムラサキ

ムラサキ色の花はツルニチニチ草です。

マメヅタ

小さな丸い葉をつけた植物はマメヅタです。丸い葉は栄養葉で、光合成を行い水分を蓄えたり胞子をつくる働きをします。細長いツクシみたいなのは胞子葉で、茶色いソーラスの中には胞子が詰まっています。

ミヤマオダマギ

ミヤマオダマギの花も咲いていました。

ムラサキサギゴケ

日当たりの良い斜面には、沢山のムラサキサギゴケやシャガの花が咲いています。

ユキノシタ

山菜の天ぷらに出てくるユキノシタです。6月頃になるとダイモンジソウとよく似た小さい花を咲かせます。

金峯山寺

奥に見える立派な建物は、役小角を開祖とする修験道の根本道場、金峯山寺です。ご本尊は蔵王権現様です。

金峯山寺

金峯山寺を訪ねると、運よく秘仏本尊特別公開の時期に当たり、金剛蔵王大権現三尊のお姿を拝見することができました。

さらに順路を進んでいくと、蔵王権現様の御前には心の内を打ち明け懺悔する「発露の間」が設けられています。相撲のマス席のように個別に仕切られており、ゆっくりとお参りすることができました。

お参りを済ませ、名物の豆腐料理を頂き、さくらライナーのデラックスカーに乗って大阪に帰ってくるとびっくり。とても不思議なご利益を2つも体験することができました。


ひょうご木づかい王国

ひょうご木づかい王国

神戸ハーバーランドのumie MOSAIC 2Fにある「ひょうご木づかい王国学校」にお邪魔しました。

ヒノキ間伐材

王国学校にはこどもたちが遊びながら学べる木のおもちゃがいっぱい、ヒノキの間伐材を利用した「つみ木」など「木づかい体験コーナー」があります。

木製遊具

やさしい木の感触を体感しながら遊べる木製のスマートボールもありました。

相談窓口

木の住まい相談カウンターでは、兵庫県産木材を使用した木造住宅の建築に関する質問や相談ができ、楽しみながら木の知識を学ぶことができます。

ウッドデザイン賞

神戸ハーバーランドumie MOSAICへお越しの際は、「ひょうご木づかい王国学校」に是非遊びにきてください。


東お多福山

4月30日、東お多福山ガイド部会の自主研修に参加してきました。

前回のステップアップ研修から10日ほどの間隔ですが、森の中はすっかり季節が進んでいました。

アケビ

前回蕾の状態だったアケビは、綺麗な花を咲かせています。房になって咲いている小さい花は雄花、右側の大きな花が雌花です。雌花は受粉するとそのまま実になります。

ウリハダケエデ

ウリハダカエデの花です。4月19日の時点では芽吹いたばかりでしたが、こちらも綺麗な花を咲かせています。

コアジサイ

コアジサイも小さな蕾をつけています。

シラキ

これはシラキの芽吹きです。鮮やかな赤い葉っぱが魅力的です。

スノキ

スノキの花です。この次期になると葉っぱの周りも赤味を帯びるので、良く目立ちます。

チゴユリ

足元で下向きに垂れ下がって咲いている小さな花は、チゴユリの花です。

ツクバキンモンソウ

草原部分で見かけたツクバキンモンソウ。真ん中の花が五角形になっていて珍しいので撮影しました。

ヒメハギ

同じく草原部分で見かけたヒメハギの花です。スミレと良く似た色の小さな花で、注意して見ないとスミレと区別がつかず、通り過ぎてしまうほどです。

ワレモコウ

これはワレモコウの新芽です。夏になると赤い花を付けますが、東お多福山では珍しい植物です。