シスメックスの森

ユスラウメ

小野市河合西町で「新ひょうごの森づくり」に賛同し、 水源の涵養に資するため森林の整備作業を実施している「シスメックスの森」の紹介です。

コガネムシ

真っ赤に熟したユスラウメ、食べてみるとグミのような甘酸っぱい味がしました。小さい葉っぱには、コガネムシがとまっています。

ネジキ

一列にならんで咲いている白い花は、ネジキの花です。

ノアザミ

活動地の入り口にある日当たりの良い斜面には、ノアザミの花が咲いていました。

下草刈り

最初の作業は下草刈りです。初めて参加する方や、こどもたちも安心して取り組むことができる作業です。

間伐作業

こちらは間伐作業。森づくり活動の経験者を中心に、歩道周辺の間伐を行っています。

水辺1

こちらの班は水辺の枯れ木や枝葉の除伐作業です。

水辺2

こどもたちは、ヒバカリヘビやカナヘビ、イボカエルやアカガエル、イモリなどの水辺の生き物に興味津々です。

水辺3

その中でも生き物に詳しい男の子が見つけてきた、カスミサンショウウオです。(兵庫県絶滅危惧Ⅱ類)

オオシオカラトンボ1

こちらの男の子は、近寄ってきたオオシオカラトンボを素手で捕えていました。

オオシオカラトンボ

模様が黄色いのはオオシオカラトンボのメスです。

虫かごに

こどもたちが捕まえた昆虫は、お母さん方が虫かごに仕舞っています。

キッズプログラム

こどもたちを対象にした「キッズプログラム」は挿し木に挑戦です。アジサイ、ライラック、バラ、チンチョウゲ、ピラカンサ、サクラから3種類を選びます。

歩道の整備1

活動の最後は歩道の整備作業です。フィールド内に積み上げられた間伐材のチップを敷き詰めていきます。

歩道の整備2

撒かれたチップをカンジキでならせば、本日の作業は終了です。

東お多福山

5月28日、東お多福山ガイド部会の自主研修に参加してきました。

ニワゼキショウ1

登山口に向かう途中の歩道で見かけた、ニワゼキショウです。

ニワゼキショウ2

北アメリカ原産のアヤメ科の植物で、別名、南京文目(なんきんあやめ)と言うそうです。

ワレモコウ

東尾根の登山道では、複数のワレモコウを見ることができました。

スノキ

同じく東尾根の登山道で見かけたスノキの花です。

タニウツギ1

展望スポットで見かけたタニウツギです。大阪湾をバックに記念撮影。

タニウツギ3

タニウツギの花びらには、蜜を求めて沢山のアリやハチたちが集まっていました。

ニガナ2

東お多福山の山頂では、ニガナの群生を見ることができました。

ニガナ3

開花時期の長いニガナですが、沢山の花が一斉に咲く今の時期が正に見ごろです。

草原

東お多福山の山頂付近から見た草原部分の景色です。この日は湿度が低く、遠く紀伊半島まで見渡すことができました。

キンラン

山頂から草原部分に向かう途中で見かけたキンランです。

テントウムシ

東お多福山の草原部分で見かけたナナホシテントウ。

オケラ

同じく東お多福山の草原部分では、沢山のオケラを見ることができました。

キンイロジョウカイ

こちらはキンイロジョウカイ。成虫、幼虫ともに他の昆虫を捕らえて食べる肉食の昆虫です。

キンイロジョウカイ1

翅を広げて飛び立つキンイロジョウカイ。

ミヤマナルコユリ

沢山のミヤマナルコユリも見ることができました。

スズタケ

東お多福山の山頂から土樋割峠へ向かう尾根道では、スズタケの花が咲いていました。

虹の森

兵庫県立ゆめさきの森公園で、下草刈や不用木の除去などの里山林整備を行っている、虹技株式会社「虹の森」の紹介です。

虹の森

活動地の看板の前で記念撮影。

フタリシズカ

ゆめさきの森公園に到着すると、駐車場の近くにフタリシズカが咲いていました。

マムシグサ

すぐ近くにはマムシグサも。

ヤブデマリ

活動エリアへ移動する道沿いでは、ヤブデマリの花が満開でした。

階段の整備

最初のチームは、活動エリアから尾根道へと続く階段の整備です。

階段の整備

玉切りした間伐材を使って階段をつくっています。

除伐作業

東側の斜面では、雑木の除伐作業が行われています。

除伐作業

伐採した雑木は枝払いした後、短く玉切りにして積み上げていきます。

サンショウ

野生のサンショウもあちこちで見かけました。

間伐作業

東斜面にあるスギの伐採作業です。

間伐作業

受口を入れ、チェーンソーで作業しています。

間伐作業

この辺りのエリアは広葉樹の森にしたいそうです。

ウッドデッキ

ウッドデッキの階段部分には、新しく手すりが設置されました。

ハイキングルート

尾根筋のハイキングルート

ハイキングルート

最初のピークに置かれたベンチです。

ハイキングルート

ハイキングルートの道標。

ハイキングルート

朝からの雨で、霧がでています。