十津川村

イワツバメ

奈良県南部にある日本一大きい村、十津川村。紀伊半島は亜熱帯性植物の分布の北限となっており、動植物や菌類、野鳥の宝庫です。

イワツバメ

朝から元気に飛び回っているのは、いつもお世話になっている十津川荘さんのお部屋から撮影したイワツバメです。

シャガ

旅館へ向かう旧街道を散策していると、山の斜面にシャガの花が咲いていました。

シャクナゲ

大輪の花を付けているのは、十津川村の花シャクナゲです。
来月にはモコモコのブロッコリーのようなシイの花が咲き、山笑う新緑の季節がやってきます。

東お多福山

4月19日に行われた東お多福山ガイド部会のステップアップ研修に参加してきました。

観察会のコースは、東お多福山登山口バス停から東尾根を通って東お多福山山頂へ、山頂で昼食を済ませた後、雨ヶ峠方面に向かって草原部分の観察をし、山頂へ折り返してから土樋割峠を経て東お多福山登山口バス停に戻るルートです。

アケビ

東お多福山登山口バス停から東尾根へ向かう途中でアケビの蕾を見つけました。

ウリハダカエデ
東尾根では固い冬芽が開き、ウリハダカエデが芽吹いています。

クロモジ
良く目立つ黄色い花はクロモジの花です。クロモジの枝は和菓子の楊枝に使われ、樹皮は爽やかな香りがします。

スノキ
小さな丸い葉を付けているのはスノキです。葉っぱを噛むと酸っぱい味がして、山歩きで疲れたときに口にすると疲れが取れるそうです。

シュンラン
東お多福山の草原部分ではシュンランの花が咲いていました。

スミレ
草原部分には、沢山のスミレの花が咲いています。

アカネスミレ
こちらの赤い花はアカネスミレ、東お多福山では珍しい種類です。

東お多福山
山頂付近から東お多福山草原部分の展望です。

余暇村なごみの森

森づくり

兵庫県立北播磨余暇村公園で生物多様性保全に取り組む活動をしている、川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」の紹介です。

ヒトクチタケ

宿泊棟の近くで見かけたヒトクチタケです。

植栽作業

まずは植栽作業。この日の苗木は、ムラサキシキブ、ヤマハギ、ナナカマド、ミヤマガマズミ、コムラサキシキブ、ヤマツツジ、ヤマアジサイ、ヤブムラサキと、紙すきの材料となるコウゾ、ミツマタです。それぞれの低木10種類を10本づつ、合計100本の苗木を植えました。

下草刈り

植栽作業の後は前回までの活動で植栽作業をしたエリアの下草刈りです。作業が進むにつれ足元が明るくなってきます。

ヌルデ

作業エリアで見かけたヌルデの若芽です。

ナガバノモミジイチゴ

エリア内に沢山自生しているナガバノモミジイチゴには、綺麗な花が咲いていました。

紙すき体験

もうひとつのお楽しみは牛乳パックを使った「紙すき体験」。川重ハートフルサービスの皆さんと、紙再生工房の前橋師匠による紙すき教室が開催されました。

完成

出来上がった牛乳パックの再生紙です。公園の落ち葉を使った木の葉模様の再生紙が完成しました。