「和州吉野郡十津川郷細見全図」

慶長・正保・元禄・天保の4度、江戸幕府の命で国ごとの絵図が作成されました。このうち天保国絵図は、天保6年(1835)にその作成が命じられ、 同9年(1838年)に完成しました。この絵図はそれと同時期の天保6年11月に完成した十津川郷の絵図になります。

クリックすると画像が拡大します。

十津川村

天保六乙羊霜月中三(1835年11月)

部分拡大絵図1
十津川村

大峰山脈の金峰山から上野地までの部分の拡大絵図です。

金峰山とは、大峰山脈の吉野山から山上ヶ岳までを示す総称で金峯山とも記し、吉野と熊野を結ぶ大峰奥駈道の吉野側の入り口にあたります。 吉野山にある金峯山寺は、金峰山修験本宗の本山で、本尊は蔵王権現、開基は役小角と伝えられています。

一方、十津川(熊野川)に目をやると、天川村の天ノ川を源流とする十津川には4つの橋が描かれ、 上野地と谷瀬を結ぶ部分には、この頃から既に橋が架かっていたことがわかります。

現在では、日本最長の生活用吊り橋として有名な谷瀬の吊り橋ですが、 吊り橋が完成する以前は川を渡るたびに谷を下り、丸木橋を渡って対岸の斜面を這い上がらなければならなかったそうで、 洪水のたびに流される丸木橋のあまりの不便さに、教員の初任給が7,800円の時代、地元の住民が1軒当たり20~30万円を出し合い、村の協力を得て建設した 現在の谷瀬の吊り橋が完成したのは、昭和29年(1954年)のことになります。

部分拡大絵図2

十津川村

上野地から山崎までの部分の拡大絵図です。

絵図の中央には風屋と書かれた地名があります。現在は滝川との合流地点の手前に風屋ダムが建設されており、 風屋から小原峰の麓の尾合戸滝あたりまでの水量が制限され、この当時の絵図と比べると、極端に川幅が狭くなっていることがわかります。

部分拡大絵図3

十津川村

山崎から折立までの部分の拡大絵図です。

湯ノ原と武蔵の地名の横に、温泉アリと書かれているのがわかります。このあたりは現在の湯泉地温泉で、今も24時間毎日源泉掛け流しのお湯がポンプで汲み上げられています。また、湯ノ原の横には、ユノモト(湯ノ元)の表記もみられ、その隣には「舟ワタシ」の文字がみられます。

かつてこの地には薬師如来を本尊とする東泉寺という寺があり、それが何時しか湯泉地と呼ばれるようになったそうです。

いつもお世話になっている十津川荘さんは、湯ノ原から十津川村役場のある小原へと続く十津川沿いの、湯泉地温泉の元湯の近くにあります。

部分拡大絵図4

十津川村

折立から七色までの部分の拡大絵図です。

この地図の中央に書かれた、山手から垣内(カイト)あたりが、現在の十津川温泉のある地域です。 猿飼地区の東側には吉野の金峯山寺と熊野本宮大社を結ぶ大峰奥駈道が朱色の線で引かれ、玉置神社の鳥居と共に玉置山が描かれています。

また、絵図上に書かれた地名の、谷垣内から七色方面へ向かう途中の峠には「天空の郷」と呼ばれる果無集落があり、 世界遺産に登録された高野山と熊野本宮大社を結ぶ小辺路沿いにある小さな集落として、今も観光客の人気を集めています。

最後に、この「和州吉野郡十津川郷細見全図」を見ると、凡そ180年前の絵図でありながら、今も当時そのままの地名が使われており、 十津川沿いを走る奈良交通の「日本一の走行距離を誇る路線バス」八木新宮特急バスに揺られると、この絵図に書かれた懐かしい名前が バス停ごとにアナウンスされています。

十津川村

十津川村

久しぶりに桜の季節の十津川村を訪れることができました。

この日はJR五条駅から奈良交通バスに乗り「湯の原」バス停で下車。湯泉地温泉周辺の旧168号線沿いを散策してみました。

十津川村

クン谷からアリノコシ谷へ向かう途中の緑のトンネルです。

十津川村

山側の斜面にはアケビの花が咲いていました。

十津川村

これはヤブツバキの蕾です。バスを降りて旧道に入ると、濃い土の香りと水分を含んだ木の匂いがします。お天気もよく爽やかな春風の中、ゆっくりと十津川の景色を楽しむことができました。

十津川村

これはモチツツジの花です。 新芽やガクなどに腺毛が多く、指で触るとトリモチのようにねちゃねちゃするのでこの名前がついています。

十津川村

いつもの赤い橋の近くを歩いていると、「キューキュー♪ グワッグワッ♪」と大きな鳴き声がするので探してみると、側溝にかわいいタゴガエルがいました。

十津川村

午後4時頃十津川荘さんに到着です。この日の女将さんの生花は、綺麗なカーネーションとカスミソウでした。

十津川村

十津川荘さんの朝食です。山芋の短冊と、具沢山のお味噌汁がとっても美味しかったです。

十津川村

2階のお部屋から窓の外を眺めていると、ひっきりなしにイワツバメが飛び交っています。

十津川村

いつもの赤い橋の景色です。この日も朝から快晴です。

十津川村

ヤマザクラの額縁越しに見た、湯之谷方面の景色です。

ヤマザクラは日本の代表的な野生種で、若葉は赤っぽく、白やピンク色の花を付け、葉と花が同時に展開する特徴があります。

十津川村

湯之谷から湯之平方面のヤマザクラの眺めです。山の上の高いところをトビが旋回しています。

十津川村

湯之谷から湯泉地方面の十津川の景色です。ぬるっとした独特のエメラルドグリーンに癒されます。

十津川村

これは湯之谷に自生しているヤマザクラです。春のやわらかい日差しに照らされて、新芽が輝いているように見えます。

十津川村

湯之谷から赤い橋を眺めた景色です。いつもの見慣れた景色ですが、サクラの花が咲いている季節は格別の楽しみがあります。

十津川村

役場前のバス停に向かう途中でみかけた十津川村の花、石楠花です。十津川村は石楠花祭りの準備中とか、毎年お祭りの期間中は沢山の観光客で賑わっています。

十津川村

小原を散策中にみかけたヤマザクラです。十津川第一小学校からR168へ向かう途中の橋の上からの景色です。

Health resort (湯治の旅)

十津川村

2017年の年末から新しく始めた湯治プランを体験するために十津川荘さんにお邪魔しました。奈良交通バスの路線バス運賃キャッシュバックキャンペーンを利用して、JR五條駅から十津川村役場前へ向かいます。この日のバスは真新しい車両でした。

十津川村

十津川村役場前のバス停から十津川沿いに旧道を歩いていくと、ロウバイが満開の花を咲かせていました。

十津川村

この日は晴れたり曇ったり、ちょっと不思議な天気です。

十津川村

昨年の台風の影響で河川の改修工事が行われているらしく、この日のトビは高いところを飛んでいます。

十津川村

十津川荘さんの夕食です。特大サイズの女将さん手作りのコロッケです。絶妙な塩加減がおいしかったです。

十津川村

翌朝十津川荘さんの2階のお部屋の窓から外を眺めていると、2羽のオシドリが飛んできました。前日から行われている風屋ダムの放流の影響で水量が増え、中州にある岩の上でオシドリ達が休憩しています。

十津川村

しばらく休憩した後、2羽のオシドリは湯之谷の方向に飛んでいきました。

十津川村

十津川荘さんの夕食です。この日の夕食は豚鍋でした。この豚肉は甘くてとても美味しかったです。

*通常プランでは冬場は猪鍋ですが、湯治プランの食事の内容は食材の状況によりその都度異なります。

十津川村

翌朝目が覚めると、窓の外は爆弾低気圧の影響で一面の雪景色です。

十津川村

いつもの赤い橋の風景も真っ白に、川原にも雪が積もっています。

十津川村

十津川荘さんの朝食です。いつもヘルシーなメニューですが、お腹いっぱいになります。

十津川村

帰りは十津川村役場前から大和八木行きのバスに乗り、上野地で20分間の休憩です。

十津川村

谷瀬の吊り橋もすっかり雪景色に包まれています。

十津川村

この後、天辻トンネルを抜けるまで雪景色を楽しみました。2泊すると、ゆっくりと時間を気にせず過ごせました。湯治プランの詳細はこちらのページから御覧頂けます。温泉入り放題、冷えた身体も自然に暖まり、筋肉のコリもほぐせました。