立山

久しぶりの北アルプス、新大阪駅午前6時34分発のサンダーバード1号で金沢へ向かいます。金沢駅へは9時13分に到着します。

金沢駅からは9時21分発の北陸新幹線はくたか(E7系)で富山駅へ。

楽しみにしていたE7系ですが乗車時間はわずか23分です。 北陸新幹線は2023年春に金沢~敦賀間が開通し、将来的には新大阪駅に接続します。

9時44分、富山駅 へ 到着。JR富山駅に隣接した富山地方鉄道の電鉄富山駅へ移動します。

電鉄富山駅に到着してまず入ってきたのは、見覚えのある鳩のマークが付いた京阪3000系電車です。富山地方鉄道には先頭車両とダブルデッカーの中間車両が転用されています。

次に到着したのは、富山地方鉄道クハ170形電車です。ヘッドマークには、立山あーとれいんの文字があります。

立山あーとれいんは、富山大学の学生グループの提案で運行を始めた富山地方鉄道立山線の特別車両で、中吊りに公募で選ばれた立山町の魅力を伝える写真が展示されています。

こちらが電鉄富山駅10時10分発、立山線の14760形電車です。

富山県の鳥である雷鳥をイメージした白とグレーの車体にあずき色のラインが入った カラーリングで、昭和55年に鉄道友の会よりローレル賞を受賞しています。

立山線14760形電車の内装は、昭和レトロな可動式の対面シートです。

立山線の千垣橋梁から見た常願寺川の景色です。千垣橋梁は平成25年度の選奨土木遺産に認定されました。

立山駅から美女平駅を結ぶ立山ケーブルカーです。電鉄立山駅着11時13分、ここから美女平駅までの所要時間は7分間です。

立山ケーブルカーの美女平駅から室堂までは立山高原バスで50分、11時40分のバスに乗り12時30分に室堂バスターミナルに到着しました。

室堂ターミナルのレストラン立山で昼食です。最初に写真を撮るのを忘れていましたが、富山名物の白エビを使った、白海老から揚げ丼さらさら汁セットと白海老から揚げ 氷見うどん膳です。

昼食を済ませて室堂平に出てきました。梅雨時期とあって一面濃い霧がかかっています。

中部山岳国立公園室堂平の地図と、立山の説明が書かれた案内板があります。

案内板には立山は山の名前ではなく、「雄山」「大汝山」「富士ノ折立」の総称であること、立山開山は大宝元年(701)佐伯有頼によってなされたこと、日本三霊山の一つとして平安時代から登拝されていることなどが書かれています。

つづく

白骨温泉

年初からの超過密スケジュールが一段落しましたので、信州の白骨温泉に骨休めに行ってきました。JR松本駅の連絡通路からは、北アルプスの山々が一望できます。

JR 松本駅からはアルピコ交通の観光バスで白骨温泉に向かいます。途中乗鞍観光センターでトイレ休憩です。 ダケカンバの白い樹皮が印象的です。

乗鞍観光センターから白骨温泉までは、約30分で到着です。

バス停から見た白骨温泉 山水観湯川荘です。この日の最高気温は5℃前後。以外なほど雪が無く、地元の人に聞くと4月上旬頃の気温とのことでした。

バス停から湯川荘に向かう道路の様子です。夜間は氷点下になるそうで、10分ほどの道のりですが、日陰部分はアイスバーン。持参したチェーンスパイクを登山靴に装着して歩いています。

湯川荘のロビーには、ツキノワグマの小熊の剥製がありました。

旅館の裏山には、ダケカンバの森が広がっています。

湯川荘の貸切露天風呂です。 こちらの露天風呂には屋根がついています。

もう一つの露天風呂は屋根のないタイプです。

こちらは屋内にある家族風呂。湯の峰温泉の「つぼ湯」のような小さなお風呂です。

湯川荘の夕食は、温泉にブラウンスイス牛の牛乳と信州味噌を使った 「乳白色鍋」です。

地元信州の放牧豚を乳白色鍋に入れると、あっさりした温泉鍋がコクのある濃厚スープに変わります。

こちらは岩魚の塩焼きです。この他にも、信州サーモンのお刺身やそば饅頭など、厳選された地のものを使った御料理が並びます。

食事の後は再び温泉を楽しみました。館内の男湯は湯加減が丁度良く、芯から暖まることができました。

湯船に付着した温泉成分(炭酸カルシウム)の結晶です。 白骨温泉は木製の湯船が温泉成分で白くなるところから「白船温泉」と言われるようになったそうです。

湯川荘の朝食です。信州サーモンの焼き物と、ヤマウド、黒ニンニク、葉ワサビ、ヒジキなどと、凍豆腐の味噌汁と温泉粥です。

白骨温泉でバスを待つ間に撮影した白樺です。

2日目の午後は松本市内に戻り、縄手通りと中町通りを散策しました。

中町で見かけた松本民芸家具の中央民芸ショールームです。

民芸家具の材料は、ミズメザクラ、クリ、ケヤキ、トチ、ナラ、タモ、セン、ニレ、カツラなどの無垢材です。

見かけによらず軽量で、塗りの仕上がりも素晴らしいものばかりです。

こちらは中町で見かけた漆器屋さんです。木曽漆器や越前漆器などを扱っています。

同じく中町で見かけた楽器屋さんは、音楽社という管楽器専門店です。松本市内には、他のエリアにも蜂蜜専門店や洋裁屋さんなど、マニアックなお店が軒を連ねています。

最後は、北アルプスを眺めながらコーヒーを飲みたくなり、探しあてたティールームからの展望です。