黒田電気の森

数百年前から続く茶道用高級炭、菊炭の産地である川西市黒川地区の里山で、 ヒノキ人工林の間伐・エドヒガン・クヌギ林などの整備・植樹・生物保全運動を通じて、 社員とその家族、地域住民との交流、環境教育などを行っている「黒田電機の森」のご紹介です。

森林整備活動

この日の作業は下草刈りです。

前日の雨の影響もなく、程よいうす曇りの中で作業開始です。

こちらは作業エリアの北側の部分です。この辺りはシダが群生しています。

足元に気を付けて、活動エリアの斜面下部分から少しずつ作業を進めていきます。

草むらで見かけたコバネイナゴです。イナゴの佃煮が有名ですが、ひと昔前までは農家の害虫対策を兼ねた貴重なタンパク源として、乾煎りや炭焼きにして食用にされていたイナゴです。

小さなササの葉のような姿で、草むらに隠れているのはオンブバッタです。

こちらはツチイナゴ。子供のころ乾煎りにして食べましたが、あまり味がなかった記憶があります。

この日の参加者は53名、今年は10月になっても蒸し暑い日が続くので、無理せずに作業を進めます。

作業開始からそろそろ1時間、だんだんと高い場所に移動していきます。

作業エリアの斜面ではサルノコシカケを見かけました。木材中のリグニンを分解する能力をもつ白色腐朽菌の仲間です。

こちらは木材中のセルロースやヘミセルロースを分解する能力を持つ褐色腐朽菌に分解された倒木です。木質繊維が分解され、縦横にクラックが入っているようすがわかります。

そろそろ作業終了です。ずいぶんと高いところまで作業を進めることができました。

これは茎に鋭い棘をもつ、サルトリイバラの葉っぱです。春には黄色くてかわいい花をつけます。また、端午の節句の柏餅を「いばら餅」として、サルトリイバラの葉で代用する地域もあります。

作業後の活動エリアのようすです。すっかりきれいになりました。

里山風景

活動終了後、黒川公民館に向かう水路の脇にはツユクサの花が咲いていました。

すぐ近くの草むらにはナナホシテントウムシがいっぱい集まっています。

ツユクサの間には、かわいいピンクのイヌタデが顔を覗かせています。

知明湖キャンプ場から能勢電鉄の妙見口駅に向かう道沿いで見かけた、真っ赤なナツアカネのオスです。

黒川ダリア園の近くで見かけた、色鮮やかなツマグロヒョウモンのメスです。

同じく妙見口駅に向かう農道の脇で見かけたマユタテアカネのオスです。わずかな時間にこれだけの出会いがある黒川町は、まさに昆虫の宝庫です。

余暇村なごみの森

兵庫県立北播磨余暇村公園で生物多様性保全に取り組む活動をしている、川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」の紹介です。

森林整備活動

ヤマザクラの咲く園内を通って、活動エリアへ移動 します。

現地に到着した人からヘルメットや鋸等の装備を整えます。

兵庫県森林組合連合会の中西さんより作業内容の説明です。

作業エリアでは満開のヤマザクラがお出迎えです。

こちらは徐伐班、北はりま森林組合のスタッフに指導していただきます。

まずは徐伐班が活動エリアに移動します

徐伐班は、ヒサカキやソヨゴなどの常緑照葉樹を伐採していきます。

光を遮る常緑照葉樹を伐採することで、明るい森をつくることができます。

下草刈り

こちらの班は下草刈りの作業です

下草刈りは、小さい子供たちも作業に参加しています。

この辺りはイバラが多いので、棘に気をつけて作業をしています。

下草を刈り取ってフィールドを切り開いていきます。

フィールドで見かけたタラノ芽です

同じくフィールドで見かけたフデリンドウです。 徐伐作業や下草刈りなどの森林整備活動を続けることによって、 地中に眠っているフデリンドウなどの草原性植物の種子が芽吹いてきます。

こちらはクロモジの花、クロモジの枝は、高級和菓子などの楊枝として使われています。

同じくフィールドで見かけたショウジョバカマです。

こちらの女の子は、枝打ちに挑戦中です。

徐伐した木は枝払いして作業終了です。

クラフト教室

今回のクラフト教室は、間伐材を使ったコースターづくりです

クラフト教室の前に、森の倶楽部のスタッフによる森づくりの紙芝居を拝見します。

最初は型紙を使ってコースターに絵付けをします。

思い思いのイラストに色をつけていきます。

こちらは手鋸を使ったコースターの切り出し作業です。

切り取ったコースターをサンダーで磨いています。

この子はドラえもん。

こちらは小さなピンクの花。

それぞれに趣向を凝らしたコースターができあがります。

完成したコースターです。

シスメックスの森

小野市河合西町で「新ひょうごの森づくり」に賛同し、 水源の涵養に資するため森林の整備作業を実施している「シスメックスの森」の紹介です。

生物多様性の保全

作業リーダーより「キンラン」の保全エリアについての説明です。

少し花の時期が過ぎましたが、つぶらな黄色い花をつけています。

こちらは旅する蝶として知られる「アサギマダラ」が好む、フジバカマの保全エリアです。

広場の横を流れる小川には、今年もオオシオカラトンボのオスが集まっています。

除伐作業

この日の作業は、常緑照葉樹の伐採作業です。

この日の伐採木は、ヒサカキ、イヌツゲ、カナメモチ、ソヨゴ、アラカシです。

ピンクのリボンで印をつけた見本木を見ながら作業を進めます。

作業エリアで見かけたマイマイガの幼虫です。

同じく作業エリアで見かけた、ウスタビガの幼虫です。

紅葉の植樹

ハイキング道や活動エリアの一角では、参加者による紅葉の植樹が行われました。

キッズプログラム1

こちらは子供たちによる、ササ刈り作業です。

ハイキング道に沿って、ササ刈りを行っていきます。

キッズプログラム2

もう一つのキッズプログラムは、紅葉の寄せ植えです。

苗木を植えたら、土の表面に苔を被せていきます。

鉢全体を苔で覆うと、見た目も美しく乾燥防止に役立ちます。

完成した紅葉の寄せ植えです。

最後は完成した寄せ植えをもって、参加者の皆さんで記念撮影!