たつの市弥生倶楽部

古代の森づくり事業と題して、古代の森の復元・古代の森づくり関連イベント・便益施設の作成・古代米栽培などを行っている、たつの市弥生倶楽部のご紹介です。

完了検査の様子です。

弥生の森の入り口に設置された「国指定史跡 新宮宮内遺跡 弥生の森」の看板です。右端の茶色いプレートに、アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクトの説明が書いてあります。

昨年度、新たに復元した2つ目の竪穴式住居が完成していました。

表面に草が生えているのは、3つ目に復元された竪穴式住居です。
防火を目的に、茅葺の上から土を被せた、近畿地方で唯一の土葺式の竪穴式住居です。

これは、復元された土葺式住居のすぐ隣にある、竪穴式住居の遺跡です。
直径8メートルの土葺の竪穴式住居は、全国でも最大の大きさだそうです。

公園の周囲に植栽された樹木は、地元で採取した種子を育苗ポットに植え付けて、その苗を再び公園に移植することで、地域の生態系保全に貢献しています。

上のリンクよりアマゾンで商品を注文していただくと収益が発生します。 このサイトの収益は「緑の募金」を通して、豊かな森づくりに活用させていただきます。 皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

福知村づくり実行委員会

福知村づくり実行委員会

生の森づくり事業と題して、荒廃林の整備ときのこの森づくりや、歴史遺産を活かした遊歩道の整備、避雷小屋兼、展望台の休憩施設の整備などの森林整備活動をしている、福知村づくり実行委員会のご紹介です。

福知村づくり実行委員会

書類検査の後、整備された林道を通って現場に移動します。

福知村づくり実行委員会

作業エリアに到着、尾根道の入り口付近には去年の活動で作った東屋がありました。

福知村づくり実行委員会

尾根道沿いには、サクラ、イチョウ、ヤブツバキなどの苗木が植樹されています。

福知村づくり実行委員会

これはヤブツバキの苗。ネットから飛び出した新芽の部分を鹿に食べられています。

福知村づくり実行委員会

変化に富んだ尾根道沿いのコースを移動します。

福知村づくり実行委員会

落ち葉でふかふかの山道をハイキング、幾つかの峠を超えて高取城跡を目指します。

福知村づくり実行委員会

途中、根腐れした松の倒木がありました。

福知村づくり実行委員会

尾根道には、スタート地点からの距離が書かれた木札が下がっています。

福知村づくり実行委員会

標高608M、高取城跡からの景観です。高取城は、天正年間(1573~92)草置城主 田路胤純の嫡男胤親が築城した山城です。

福知村づくり実行委員会

城跡の一番西の端は、高取城の狼煙場です。ここで和田山の竹田城と連絡を取り合ったそうです。

福知村づくり実行委員会

尾根道沿いのハイキング道にはアセビの花が咲いていました。

福知村づくり実行委員会

入り口の東屋です。ブルーシートの下には、材木を搬出するための重機が置いてありました。

福知村づくり実行委員会

少し離れた場所にある原木シイタケの栽培場です。

福知村づくり実行委員会

揖保川沿いを戻ると、高取城の看板の横に「黒田官兵衛ゆかりの地」ののぼりがありました。

福知村づくり実行委員会

福知村づくり実行委員会の皆さん、お忙しい中ありがとうございました。

洲本城友の会

洲本城友の会

三熊山上にある洲本城跡東の丸二段の郭周辺の見学路の整備や、三熊山の自然環境・植生や歴史についての現地見学会を開催している、洲本城友の会のご紹介です。

洲本城友の会

駐車場になっている馬屋郭から活動エリアへ向かう途中の石垣です。


東の丸

洲本城友の会

H26年度の活動エリア、東の丸二段の郭の入り口です。

洲本城友の会

東の丸二段の郭周辺の雑木林の様子です。足元には間伐材で作った木質チップが敷かれています。


天守台

洲本城友の会

三熊山上に復元された本丸の様子です。

洲本城友の会

天守台の広場から見える大浜海岸の景色です。

洲本城友の会

空を見上げると、すぐ近くをトビが飛んでいました。


西の丸

洲本城友の会

西の丸へ向かう途中、三熊山の森林浴場の看板がありました。

洲本城友の会

西の丸の広場を通過して、次年度の活動エリアを見学に向かいます。

洲本城友の会

このあたりが西の丸の石垣の外側の雑木林で、次年度の活動エリアです。