立山

久しぶりの北アルプス、新大阪駅午前6時34分発のサンダーバード1号で金沢へ向かいます。金沢駅へは9時13分に到着します。

金沢駅からは9時21分発の北陸新幹線はくたか(E7系)で富山駅へ。

楽しみにしていたE7系ですが乗車時間はわずか23分です。 北陸新幹線は2023年春に金沢~敦賀間が開通し、将来的には新大阪駅に接続します。

9時44分、富山駅 へ 到着。JR富山駅に隣接した富山地方鉄道の電鉄富山駅へ移動します。

電鉄富山駅に到着してまず入ってきたのは、見覚えのある鳩のマークが付いた京阪3000系電車です。富山地方鉄道には先頭車両とダブルデッカーの中間車両が転用されています。

次に到着したのは、富山地方鉄道クハ170形電車です。ヘッドマークには、立山あーとれいんの文字があります。

立山あーとれいんは、富山大学の学生グループの提案で運行を始めた富山地方鉄道立山線の特別車両で、中吊りに公募で選ばれた立山町の魅力を伝える写真が展示されています。

こちらが電鉄富山駅10時10分発、立山線の14760形電車です。

富山県の鳥である雷鳥をイメージした白とグレーの車体にあずき色のラインが入った カラーリングで、昭和55年に鉄道友の会よりローレル賞を受賞しています。

立山線14760形電車の内装は、昭和レトロな可動式の対面シートです。

立山線の千垣橋梁から見た常願寺川の景色です。千垣橋梁は平成25年度の選奨土木遺産に認定されました。

立山駅から美女平駅を結ぶ立山ケーブルカーです。電鉄立山駅着11時13分、ここから美女平駅までの所要時間は7分間です。

立山ケーブルカーの美女平駅から室堂までは立山高原バスで50分、11時40分のバスに乗り12時30分に室堂バスターミナルに到着しました。

室堂ターミナルのレストラン立山で昼食です。最初に写真を撮るのを忘れていましたが、富山名物の白エビを使った、白海老から揚げ丼さらさら汁セットと白海老から揚げ 氷見うどん膳です。

昼食を済ませて室堂平に出てきました。梅雨時期とあって一面濃い霧がかかっています。

中部山岳国立公園室堂平の地図と、立山の説明が書かれた案内板があります。

案内板には立山は山の名前ではなく、「雄山」「大汝山」「富士ノ折立」の総称であること、立山開山は大宝元年(701)佐伯有頼によってなされたこと、日本三霊山の一つとして平安時代から登拝されていることなどが書かれています。

つづく

東お多福山ハイキング

東お多福山

東お多福山登山口バス停から東尾根へ向かう途中の森の中で、ツノホコリ(粘菌)を見かけました。

東お多福山

展望エリアで見かけたナキイナゴ♂です。しばらく写真を撮りながら眺めていると、頻繁に前翅と後脚を擦り合わせて「ジジジジ」という鳴き声を出していました。

東お多福山

山頂付近で見かけたノアザミです。ササに覆われた緑色の景色の中で、瑞々しい花の色がひときわ目を引きます。

東お多福山

おなじく山頂付近で見かけたツマグロヒョウモン♂です。時々地面にとまっているところを見かけますが、水分を捕っているのでしょうか、それともミネラルを補給しているのでしょうか。

東お多福山

東お多福山の草原部分では、休憩用に持っていったツェルトを張りました。疲れたら寝っころがって休憩したり、濡れたシャツを乾かしたり、汗を拭いたりできるので重宝していました。

東お多福山

ツェルトに荷物を置き、カメラを持って草原部分を散策していると、ササの葉に止まったヒカゲチョウを見かけました。

東お多福山

山頂から草原部分にかけては、沢山のオカトラノオが真っ白な花を咲かせていました。

東お多福山

一本の茎に密に付けた、白くて小さな房状の花穂を見ていると、ピンと立てた虎のしっぽのようです。

東お多福山

草原部分で見かけたオケラです。何箇所かのポイントに自生していたように思うのですが、思ったほど見つけられませんでした。

東お多福山

おなじく草原部分で見かけたミナミヒメヒラタアブ。肉眼では良く分りませんでしたが、マクロレンズで覗くと交尾飛翔のようすを観察することができました。

東お多福山

大阪湾方面の景色を眺めながら、東お多福山の草原部分を歩くハイカーのグループです。遠くに見える山は、V字の左側が葛城山、右側(写真中央)の高い山が金剛山です。

東お多福山

メンバーの方に植物の名前を聞かれたので歩きながら話をしていると、北摂山岳会の皆さんとのことでした。山頂で休憩していると、帰りは東尾根を通ると伺いましたので展望エリアを紹介。楽しんでいただけたようで、一緒になった帰りのバスでお礼の言葉をいただきました。

東お多福山

北摂山岳会の皆さんと別れ、土樋割峠からバス停へ向かう途中の林道で、キシタエダシャクを見かけました。

東お多福山

同じく土樋割峠からバス停へ向かう途中の林道で見かけたヒヨドリバナです。


余暇村なごみの森

兵庫県立北播磨余暇村公園で生物多様性保全に取り組む活動をしている、川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」の紹介です。

森林整備活動

ヤマザクラの咲く園内を通って、活動エリアへ移動 します。

現地に到着した人からヘルメットや鋸等の装備を整えます。

兵庫県森林組合連合会の中西さんより作業内容の説明です。

作業エリアでは満開のヤマザクラがお出迎えです。

こちらは徐伐班、北はりま森林組合のスタッフに指導していただきます。

まずは徐伐班が活動エリアに移動します

徐伐班は、ヒサカキやソヨゴなどの常緑照葉樹を伐採していきます。

光を遮る常緑照葉樹を伐採することで、明るい森をつくることができます。

下草刈り

こちらの班は下草刈りの作業です

下草刈りは、小さい子供たちも作業に参加しています。

この辺りはイバラが多いので、棘に気をつけて作業をしています。

下草を刈り取ってフィールドを切り開いていきます。

フィールドで見かけたタラノ芽です

同じくフィールドで見かけたフデリンドウです。 徐伐作業や下草刈りなどの森林整備活動を続けることによって、 地中に眠っているフデリンドウなどの草原性植物の種子が芽吹いてきます。

こちらはクロモジの花、クロモジの枝は、高級和菓子などの楊枝として使われています。

同じくフィールドで見かけたショウジョバカマです。

こちらの女の子は、枝打ちに挑戦中です。

徐伐した木は枝払いして作業終了です。

クラフト教室

今回のクラフト教室は、間伐材を使ったコースターづくりです

クラフト教室の前に、森の倶楽部のスタッフによる森づくりの紙芝居を拝見します。

最初は型紙を使ってコースターに絵付けをします。

思い思いのイラストに色をつけていきます。

こちらは手鋸を使ったコースターの切り出し作業です。

切り取ったコースターをサンダーで磨いています。

この子はドラえもん。

こちらは小さなピンクの花。

それぞれに趣向を凝らしたコースターができあがります。

完成したコースターです。