虹の森

兵庫県立ゆめさきの森公園で里山林整備を行っている、虹技株式会社「虹の森」の紹介です。

チェーンソーのメンテナンス

この日はチェーンソーの、日々のメンテナンス作業の講習会を開きます。

ソーチェーンの目立てに必要な、ヤスリと補助具の使い方のテキストです。

まずはチェーンソー本体とガイドバーに付着した、切り屑などの汚れを掃除します。

綺麗に掃除ができたら、ガイドバーとソーチェーンを組み立てて目立ての練習です。

しばらく練習すると、目立てのコツが掴めてきました。

エアクリーナーやプラグの点検が終わったら、燃料を入れエンジンの試し掛けをしてメンテナンス終了です。

チェーンソーの使い方と伐倒方法の講習

綺麗に手入れされたチェーンソーを持って、作業エリアに向かいます。

作業エリアに到着です。階段を上って間伐作業に適した場所を探します。

まず最初に周囲の地形と立木の樹形を確認し、伐倒方向を定めます

広葉樹の間伐は掛り木に注意が必要なため、ロープで倒したい方向に引っ張りながら伐倒します。

立木のできるだけ高いところに掛けてロープを固定します。

今回はチルホールは使わず、立木の幹を使ってロープを引きます。ロープが確保できたら受け口を入れます。

受け口ができたら、追い口を入れます。

最後はツルを残した状態で、ロープを使って倒れる方向をコントロールします

予定通り、狙った方向に倒すことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です