余暇村なごみの森

兵庫県立北播磨余暇村公園で生物多様性保全に取り組む活動をしている、川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」の紹介です。

森林整備活動

ヤマザクラの咲く園内を通って、活動エリアへ移動 します。

現地に到着した人からヘルメットや鋸等の装備を整えます。

兵庫県森林組合連合会の中西さんより作業内容の説明です。

作業エリアでは満開のヤマザクラがお出迎えです。

こちらは徐伐班、北はりま森林組合のスタッフに指導していただきます。

まずは徐伐班が活動エリアに移動します

徐伐班は、ヒサカキやソヨゴなどの常緑照葉樹を伐採していきます。

光を遮る常緑照葉樹を伐採することで、明るい森をつくることができます。

下草刈り

こちらの班は下草刈りの作業です

下草刈りは、小さい子供たちも作業に参加しています。

この辺りはイバラが多いので、棘に気をつけて作業をしています。

下草を刈り取ってフィールドを切り開いていきます。

フィールドで見かけたタラノ芽です

同じくフィールドで見かけたフデリンドウです。 徐伐作業や下草刈りなどの森林整備活動を続けることによって、 地中に眠っているフデリンドウなどの草原性植物の種子が芽吹いてきます。

こちらはクロモジの花、クロモジの枝は、高級和菓子などの楊枝として使われています。

同じくフィールドで見かけたショウジョバカマです。

こちらの女の子は、枝打ちに挑戦中です。

徐伐した木は枝払いして作業終了です。

クラフト教室

今回のクラフト教室は、間伐材を使ったコースターづくりです

クラフト教室の前に、森の倶楽部のスタッフによる森づくりの紙芝居を拝見します。

最初は型紙を使ってコースターに絵付けをします。

思い思いのイラストに色をつけていきます。

こちらは手鋸を使ったコースターの切り出し作業です。

切り取ったコースターをサンダーで磨いています。

この子はドラえもん。

こちらは小さなピンクの花。

それぞれに趣向を凝らしたコースターができあがります。

完成したコースターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です