カネカみらいの森づくり

多可町で間伐などの人工林整備と孟宗竹の除伐を行っているカネカみらいの森づくりのご紹介です。

作業に先立って新入社員による記念植樹が行われました。

班ごとに分かれて、北はりま森林組合のスタッフより作業内容の説明を受けます。

最初に木を倒したい方向に受け口を入れていきます。

次に受け口の反対側から追い口をいれていきます。

最後はツルを残し、ロープを使ってゆっくりと木を押し倒していきます。

倒した木は枝打ちをして丸太にしていきます。

枝打ちが終わると土留めに使うため、2メートル程の長さに玉切りします。

手鋸を使った玉切りのようすです。

無事午前中の作業終了です。

作業の後は、看板の裏側に全員のサインを書いています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です