コープの森・社家郷山

「山とくらしをつなぐ学びの森」をテーマに「多様な生き物を育む豊な森づくり」を進め、この森づくりが私たちの暮らしとどう関係しているのかを少しでも多くの人に伝える活動をしている「コープの森・社家郷山」のご紹介です。

兵庫県緑化推進協会皆木より、みどりの募金の紹介と有用広葉樹についてのお話です

この日の活動は、コナラの薪づくりです。

予め森の中で乾燥させておいたコナラの木を玉切りにしていきます。

玉切りにしたコナラを積み上げています。

こちらが活動エリアに群生するコナラの木です

活動エリアからハイキングコースに向かう登山道です。

となりのエリアでは、常緑照葉樹などの雑木の伐採が行われています。

伐採木の枝条集積状況です。

兵庫県緑化推進協会皆木による、チェーンソーの手入れについて説明です。

ヤスリを使ってアサリの目立てをしていきます。

活動エリアの近くには、真っ白なアセビの花が咲いていました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です