緑の募金事業成果発表会

兵庫県民会館パルテホールにて、兵庫県緑化推進協会が主催する緑の募金事業成果発表会が行われました。

今年度は4団体が「緑の募金による助成事業」で実施した活動内容を発表しました。

成果発表会の前に、林業女子@京都 副代表(旅部部長)松田直子氏による講演が行われました。

講演テーマは『林業女子から見た森づくりと木のある暮らし』 です。

成果発表を行っている、NPOあいな里山茅葺同人の星島氏です。

発表テーマは『神戸市東灘区森北町 甲南女子大学ふれあいの森づくり』 です。

参加団体によるパネルディスカッションのコーディネーターは、 兵庫県立南但馬自然学校長・兵庫県立大学名誉教授の服部 先生です。

発表団体によるパネルディスカッションの様子です。それぞれの団体に共通する課題は、活動を継続するために必要な会員の確保と後継者の育成です。

参加団体の発表者によるパネルディスカッションの様子です。

それぞれの団体の活動内容を伺います。

都市部や住宅街、県立公園に隣接した活動地など、各団体それぞれに地域特有の事情や課題を抱えています。

こちらはJR姫新線の車窓から見える、故郷の景観を取り戻すために活動を行っている、太市の郷の崎谷氏です。

最後は神戸学院大学客員教授の上羽先生よりご講評をいただきました。

昨年に引き続き、森づくりは「まちづくり」 や「地域づくり」に発展するような活動を行うこと が大切とのお話でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です