生田神社

生田社

生田社 後拾遺

「心をば生田の森にかくれども恋しきにこそ死ぬべかりけれ」

                           よみ人しらず

挿絵に書かれた和歌は、後拾遺和歌集に収められたもので、生田の生を「行く」と「生く」に掛けた恋歌です。

「心は行きたい、生きたいと願っているのだけれども、その恋しさのあまり恋死にしてしまいそうです」と歌われています。


「生田ノ神社」

生田宮村にあり。式内の大社也。近隣二十四ヶ村、これを祭る。
七月三十日、八月二十日。生田ノ森 社地をいへり。ともに名所也。

祭神、雅日女ノ尊。

摂社 住吉、八幡、諏訪、日吉。
末社 天照太神、稲荷、和哥宮、雷大臣、蛭子、辨才天。

裔神八前みな域外にあり。一の宮は北野村にあり。二宮は生田村、三宮は神戸村(現:神戸市中央区三宮町)、四宮は花熊村、五宮は平野村、七宮は兵庫北濱町、六宮、八宮は坂本村(現:神戸市中央区楠町)にあり。

いにしへは、活田川の上にありて、生田長狭国と稱し、海上五十狭茅を祭らしめし所也。よって今も、村長海上氏とありて装束し、神幸を供奉す。むかしは、神輿を和田の岬へ守奉りしといへり。

「播州名所巡覧図絵」


「神戸の由来」

神戸の地名のルーツは、平城天皇の大同元年(806)、朝廷より「生田神社」に封戸として44戸が与えられたことに始まります。 神に仕えて奉仕する人々の家(戸)、すなわち神の戸「かんべ」が「こうべ」の由来となりました。


「生田川伝説」
生田川

益荒丁子(益荒男)等 妻を互にあらそひ 生田川にて水鳥を射る

「摂津名所図会」

また、生田川には生田川伝説と呼ばれる話が伝わっています。

芦屋が大阪湾の湿地に茂る芦を屋根にふいて葦屋(あしのや)と呼ばれていた頃の話で、一人の美しい娘が二人の若者の熱心な求婚に思い煩い、生田川に身を投げようとする物語です。

詳しい内容は、下記リンクより、「兵庫県立歴史博物館」のサイトに集録されている「ひょうご伝説紀行」処女塚を御覧ください。

ひょうご歴史ステーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です