生田神社

生田社

生田社 後拾遺

「心をば生田の森にかくれども恋しきにこそ死ぬべかりけれ」

                           よみ人しらず

挿絵に書かれた和歌は、後拾遺和歌集に収められたもので、生田の生を「行く」と「生く」に掛けた恋歌です。

「心は行きたい、生きたいと願っているのだけれども、その恋しさのあまり恋死にしてしまいそうです」と歌われています。


「生田ノ神社」

生田宮村にあり。式内の大社也。近隣二十四ヶ村、これを祭る。
七月三十日、八月二十日。生田ノ森 社地をいへり。ともに名所也。

祭神、雅日女ノ尊。

摂社 住吉、八幡、諏訪、日吉。
末社 天照太神、稲荷、和哥宮、雷大臣、蛭子、辨才天。

裔神八前みな域外にあり。一の宮は北野村にあり。二宮は生田村、三宮は神戸村(現:神戸市中央区三宮町)、四宮は花熊村、五宮は平野村、七宮は兵庫北濱町、六宮、八宮は坂本村(現:神戸市中央区楠町)にあり。

いにしへは、活田川の上にありて、生田長狭国と稱し、海上五十狭茅を祭らしめし所也。よって今も、村長海上氏とありて装束し、神幸を供奉す。むかしは、神輿を和田の岬へ守奉りしといへり。

「播州名所巡覧図絵」


「神戸の由来」

神戸の地名のルーツは、平城天皇の大同元年(806)、朝廷より「生田神社」に封戸として44戸が与えられたことに始まります。 神に仕えて奉仕する人々の家(戸)、すなわち神の戸「かんべ」が「こうべ」の由来となりました。


「生田川伝説」
生田川

益荒丁子(益荒男)等 妻を互にあらそひ 生田川にて水鳥を射る

「摂津名所図会」

また、生田川には生田川伝説と呼ばれる話が伝わっています。

芦屋が大阪湾の湿地に茂る芦を屋根にふいて葦屋(あしのや)と呼ばれていた頃の話で、一人の美しい娘が二人の若者の熱心な求婚に思い煩い、生田川に身を投げようとする物語です。

詳しい内容は、下記リンクより、「兵庫県立歴史博物館」のサイトに集録されている「ひょうご伝説紀行」処女塚を御覧ください。

ひょうご歴史ステーション


再度山大龍寺

再度山大龍寺

神護景雲二年に称徳天皇の勅をうけた和気清磨呂公が、摂津の国に寺塔建立の霊地を求めて再度山の山中まで来られたときのこと、公を暗殺しようとしてつけ狙っていた僧道鏡の刺客が、忽然と現われた一匹の大蛇に驚いて一目散に逃げ帰ってしまいました。

危ないところを助けられた清磨呂公があたりを見まわしてみると、大蛇が消えた跡に「聖如意輪観世音菩薩」が立っておられたのです。

霊験を感じられた公は、早速この地に伽藍を建立され寺名を「大龍寺」と名付けました。 観音様が出現した場所は「蛇ケ谷」と称し「龍ケ滝」と共に霊蹟として現存しています。山号はこの時点では摩尼山と号していました。

延歴ニ十三年には、遣唐使として入唐する弘法大師が旅の所願成就を御本尊に祈願されました。唐の恵果和尚より秘密の大法を授けられた弘法大師は、ふたたび当山に参籠され本尊に報恩謝徳のため七日間秘法を勤修されました。

弘法大師が再び登山されたというので「再度山」と呼ばれるようになり、修法された場所を「修法ケ原行場」と呼ぶようになりました。再度山公園には「修法ケ原」の地名が残っています。また大師が登山した道は大師道と呼ばれ、大龍寺の参詣道として栄えました。

鎌倉時代には度重なる戦火によって伽藍を失ないましたが、観応ニ年、摂津国司赤松円心は善妙上人を山主として中興し旧観をとりもどしました。

その後、戦乱の世が続いたため再び荒廃した大龍寺を、実祐上人が尼崎城主光録居士の協力を得て再興に努力され、上人没後も資賢上人が遺志を継いで現在の規模のものを復興されました。

明治になると、廃仏棄釈によって、廃寺となる運命にあった当寺を、時の住職井上徳順和尚が地元の人とともに、法燈維持のために尽し、東寺真言宗所轄の寺院として今日まで存置されることになりました。

出典元:再度山大龍寺縁起


東泉寺と湯泉地温泉

東泉寺古図写し

湯泉地の旧状を描いたこの古図は、東泉寺(本尊薬師如来、祐光山と号する)の湯を修復した時の見取り図と修復費を示しており、この費用は三村区の6大字によって為された。

各棟の名所から見ると、一般に開放されていたのは「入込之湯屋」だけだったように思われる。

これらの建物はすべて今よりはずっと下にあったことは云うまでもないが、明治の水害によって押し流されたりして潰滅、その後も国道建設などによってこのあたりは随分と削られ、今はすっかり地形が変わってしまっている。

図に記された武蔵への道は今もあるが、現在の湯の里の前の急な石段はその後のものである。(林宏 十津川郷探訪録 民俗3)


湯泉地温泉年表

宝徳2年(1450)
東泉寺境内に温泉湧出。(東泉寺縁起)

天文22年(1553)
本願寺僧が吉野郡の下市御坊(願行寺)から十津川に湯治で訪れる(私心記)

天正9年(1581)
高野山に追放された佐久間信盛が十津川温泉で横死(多聞院日記)

天正14年(1586)
本願寺の顕如上人が入湯(宇野主水記)

文禄4年(1595)
郡山城主豊臣秀保が十津川温泉で遭難(東西歴覧記)

寛政3年(1791)
温泉の湧出地について、湯原温泉は湯ノ原村と武蔵村の東泉寺温泉にあり(大和名所図会)

後に湯ノ原の温泉は大水害で枯渇。


湯泉地温泉写し

湯泉地温泉

昔は「東泉寺」と書いた、東泉寺は温泉の守り佛の薬師如来を本尊として建てられた寺である。東泉寺縁起によると、この温泉は「役の行者」の加持祈願によって湧出したことになっている。昔ここを訪れた著名人は佐久間信盛(1581)本願寺門跡顕如上人(1586)郡山城主豊臣秀保(1595)などがある。いずれも療養のためである。

泉質は「単純硫化水素泉」で、リウマチ、神経痛、婦人病、皮膚病などによく効く。(林宏 十津川郷探訪録 民俗3)


湯の神薬師

上略図に描かれた田本義光家の一寸下手から石段を登ってコンクリートの落石シードの上に出、そこから鋭角に左折すれば段々道を少し登ってその前に出る。山際の石積みの基壇上に新しい祠が大川に面して建ち、その辺りだけやや太い杉の木が3本際立っている。

鎮座は昔からで、かつての東泉寺の後身らしく、20年毎に遷宮が行われ、3年前にも造宮した。湯泉地温泉の守護神である。

祭りは毎年正月8日、三村区6大字と役場、それにここから湯を引いている湯の里、十津川荘、武蔵、中村などの旅館や民宿が寄って餅撒きをし、持ち回りの宿でご馳走をする。(林宏 十津川郷探訪録 民俗3)


廃仏毀釈

明治元年(1868)神仏分離令

明治4年(1871)郷内51か寺(いずれも禅宗)仏祭を神葬祭に改める(十津川記事)

明治6年(1873)郷内すべての寺院を廃することが認められた(十津川記事)