サントリー天然水の森

サントリー天然水の森

西脇市黒田庄町で水源かん養林を育てるとともに、生物多様性を保全し人々が自然と接することのできる森づくりを実施している「サントリー天然水の森」の紹介です。

サントリー天然水の森

北はりま森林組合による注意事項の説明と作業内容の説明です。

サントリー天然水の森

スギ・ヒノキなどの植栽木をイメージした、オリジナルの「もくもく体操」です。

サントリー天然水の森

作業の前に里山管理の必要性について学習をします。

サントリー天然水の森

里山整備のビフォーアフターを、森のiPad(紙芝居)を使って分りやすく説明しています。

サントリー天然水の森

班ごとに分かれて作業内容の説明です。

サントリー天然水の森

ヒサカキやソヨゴなどの常緑照葉樹を除伐していきます。

サントリー天然水の森

参加者18名が3つの班に分かれて、それぞれのエリアで作業をしています。

サントリー天然水の森

除伐した木は土に還りやすいように、枝などを整理して積み上げておきます。

サントリー天然水の森

樹木に巻きついた蔓なども刈り取っていきます。

サントリー天然水の森

大きく茂った木を徐伐すると、林床に陽があたり森の中が明るくなってきます。

サントリー天然水の森

作業エリアの近くには、モチツツジの花が咲いています。

サントリー天然水の森

枝払いした木は玉切りにして、等高線に置いておきます。

サントリー天然水の森

活動エリアの近くで見かけた、ニホンカワトンボの雌です。

サントリー天然水の森

作業が進むにつれて、少しずつ森の中が明るくなってきました。

サントリー天然水の森

伐採木が土に還りやすいように、丁寧に枝葉を落としていきます。

サントリー天然水の森

作業エリアの出口付近に設置された箱罠には、ヒノキの子鹿が捕獲されていました。

サントリー天然水の森

同じく作業エリアの出口付近に設置された、ミツマタ等の鹿不嗜好性植物が植栽された実験エリアの説明です。


参考図書

日本各地で,増えすぎたシカの問題が顕在化しています。人里に現れて農業被害を及ぼすだけでなく、 自然の森の下草や若木を食いつくし、森林生態系を崩壊させるまでになりました。それを防ぐために各地でつくられた防鹿柵(シカ柵)の効果を検討し、効果的な対策を探っていきます。


シカの食害はかつてないほど進行しています。シカの食害の増加によって森林生態系の保全、土壌保全など、自然環境全体のバランスを維持することが難しくなっています。本書は四国山地の事例を中心に、シカの食害被害の実態やヨーロッパと日本のシカ管理の仕組みを解説。これからあるべきシカとの共生、自然環境保護運動について考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です