コミュニティひばり環境部会

コミュニティひばり環境部会

典型的な”まち山”の特性を活かし、人と自然との共生を学ぶ場としての整備をしているコミュニティひばり環境部会のご紹介です。

コミュニティひばり環境部会

活動地の入り口付近に設置された念願の東屋で、書類検査の様子です。

コミュニティひばり環境部会

東屋に設置された、アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクトの看板です。

コミュニティひばり環境部会

東屋の壁には、メンバーが撮影した写真や自作の資料が展示されています。

コミュニティひばり環境部会

こちらの壁には、自然環境学習の手引きや、里山整備と生物多様性の関係、きずきの森の動植物や昆虫を紹介したポスターがあります。

コミュニティひばり環境部会

勝手口側の壁には鳥類マップがあり、その上にカービング教室で製作したツグミの彫刻が飾られています。

コミュニティひばり環境部会

入り口側の壁には、手作りのジオラマが設置されています。

コミュニティひばり環境部会

建物の入り口からは、活動地の様子が伺えます。

コミュニティひばり環境部会

「きずきの森カービング教室」で製作したツグミの彫刻です。

コミュニティひばり環境部会

活動地の木の実に飛んで来たセグロアシナガバチです。見かけによらず大人しい蜂です。

コミュニティひばり環境部会

広場の草むらで見かけたムシヒキアブ、小型のハエなどの昆虫を食べるそうです。

コミュニティひばり環境部会

キリギリスの仲間のヤブキリ。こちらはセミなど大型の昆虫も食べるそうです。

コミュニティひばり環境部会

建物の基礎工事や躯体工事、屋根以外の外壁や内装はメンバーの手作りで作られています。

サントリー天然水の森

サントリー天然水の森

西脇市黒田庄町で水源かん養林を育てるとともに、生物多様性を保全し人々が自然と接することのできる森づくりを実施している「サントリー天然水の森」の紹介です。

サントリー天然水の森

北はりま森林組合による注意事項の説明と作業内容の説明です。

サントリー天然水の森

スギ・ヒノキなどの植栽木をイメージした、オリジナルの「もくもく体操」です。

サントリー天然水の森

作業の前に里山管理の必要性について学習をします。

サントリー天然水の森

里山整備のビフォーアフターを、森のiPad(紙芝居)を使って分りやすく説明しています。

サントリー天然水の森

班ごとに分かれて作業内容の説明です。

サントリー天然水の森

ヒサカキやソヨゴなどの常緑照葉樹を除伐していきます。

サントリー天然水の森

参加者18名が3つの班に分かれて、それぞれのエリアで作業をしています。

サントリー天然水の森

除伐した木は土に還りやすいように、枝などを整理して積み上げておきます。

サントリー天然水の森

樹木に巻きついた蔓なども刈り取っていきます。

サントリー天然水の森

大きく茂った木を徐伐すると、林床に陽があたり森の中が明るくなってきます。

サントリー天然水の森

作業エリアの近くには、モチツツジの花が咲いています。

サントリー天然水の森

枝払いした木は玉切りにして、等高線に置いておきます。

サントリー天然水の森

活動エリアの近くで見かけた、ニホンカワトンボの雌です。

サントリー天然水の森

作業が進むにつれて、少しずつ森の中が明るくなってきました。

サントリー天然水の森

伐採木が土に還りやすいように、丁寧に枝葉を落としていきます。

サントリー天然水の森

作業エリアの出口付近に設置された箱罠には、ヒノキの子鹿が捕獲されていました。

サントリー天然水の森

同じく作業エリアの出口付近に設置された、ミツマタ等の鹿不嗜好性植物が植栽された実験エリアの説明です。