ひょうご木づかい王国

里山住宅博in神戸
ひょうご木づかい王国

神戸ハーバ-ランドで営業していた「ひょうご木づかい王国」が終了し、三田市上津台にある里山住宅博in神戸に移転しました。

ひょうご木づかい王国

移転先は、里山住宅博 in KOBE #24 「シンプルに住まう家」株式会社コタニ住研の、木のある暮らしをよりリーズナブルに「コタニの元気な家」の新たな選択肢です。

ひょうご木づかい王国

里山住宅博 in KOBE #24「シンプルに住まう家」の玄関を開けると、ひょうご木づかい王国の新しい木の住まい相談窓口があります。

現地へのアクセスは、上記地図を参考にしてください。里山住宅博 in KOBEには、「シンプルに住まう家」コタニ住研を含め、下記に紹介する合計5棟のモデルハウスがオープンしています。

ひょうご木づかい王国

こちらは、里山住宅博 in KOBE #26 「sumica 100」株式会社三幸住研の、sumica 100プロジェクト。住まい手にあわせて、柔軟に百年間変化できる家です。

ひょうご木づかい王国

その隣は、里山住宅博 in KOBE #27 「つくり手が住みたいと思う家」有限会社あかい工房の、「場」として機能する建築。生活に必要な機能が、きれいに敷地内に収まる美しさです。

ひょうご木づかい王国

木の住まい相談窓口の向かいにあるのは、里山住宅博 in KOBE #12 「現代町屋 in KOBE 2016」株式会社大市住宅産業の、土間が導く暮らしのかたち。内と外をつなぐ「現代町家」は暮らしの場所を生み出すです。

ひょうご木づかい王国

里山住宅博の入り口付近にあるのは、里山住宅博 in KOBE #4 「南北に抜ける家」a+b アーキテクチャー株式会社の、里山の風景を採り込みつつ、レイヤー状に境界を連動させ、つながってゆく場所です。


里山散策道
ひょうご木づかい王国

共有里山スペースとして整備されたエリアには、「梅」「枇杷」「甘夏」「柿」「栗」と季節の収穫が愉しめる果樹五木が植えられています。

ひょうご木づかい王国

里山散策道の入り口にある竹林の様子です。昨年開催されたバスツアーでは、里山くらしの体験イベントとして「竹の子掘り」が行われました。

ひょうご木づかい王国

竹林の中には、刈り取った竹を使ってつくられた秘密基地?もありました。

ひょうご木づかい王国

こちらは里山くらしの体験イベント「シイタケの菌打ち体験」で設置された、原木シイタケのホダ木です。

ひょうご木づかい王国

共有里山スペースに設置された「里山展望デッキ」です。


参考図書

里山、なつかしい響きをもつこのことばにみなさんはどんな風景をイメージされるでしょうか? 雑木林,小川,溜池,そして田んぼ・・・ ふるさとの風景ともいえるこれらの里山は,時代とともにしだいにすがたを消しつつあります.どうすれば里山を残せるのかについて,科学者も市民も行政もいっしょになって考えました.そしてこの本ができました.ぜひ手に取ってみてください。

服部緑地で野鳥撮影

服部緑地

大阪府豊中市にある服部緑地に野鳥を探しに行ってきました。

服部緑地

この日見かけた小鳥は、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ等です。

服部緑地
レンズは、Nikkor-H Auto 300mm F4.5という1969年発売のマニュアルレンズです。Ai改造済みなのでデジカメOKです。

服部緑地

この日は2時間ほどのテスト撮影でしたが、順光でピントが合っている部分はそこそこ解像しています。

服部緑地

絞りは開放からF8まで絞っても変化は無く、逆光では盛大にフリンジが出る等使える場面は限られますが、条件が揃えば素直な写り方をします。

服部緑地

また、300mmで1,060gと軽量なので、野鳥撮影用のお散歩レンズとして重宝しています。


望遠レンズについて

PFレンズを採用する事によって小型軽量化を実現した最新型のレンズです。760gと300mm f/4としては軽量で、VR効果も相まって、野鳥撮影などフィールドワークで活躍しそうなレンズです。


こちらは以前から発売されているDタイプの300mm f/4Dレンズです。手ブレ補正がないことと、1.3 kgと少し重量がありますが、光学的に素直な設計と発色の良さで、人気のレンズです。


言わずと知れたサンニッパ。 f/2.8という明るいレンズにVR付き、ナノクリスタルコートと至れり尽くせりですが、2.9 kg の重量から手持ち出来るシーンは限られそうです。河川敷や野鳥公園等、三脚を据えての野鳥撮影ではよく見かけるレンズです。

関電協の森

関電協の森

積極的な地域社会への技術貢献や地球環境保全への取組を組合方針に定め、地球温暖化対策、低炭素社会の実現と推進に取り組んでいる「関電協の森」のご紹介です。

関電協の森

この日の活動はネザサの刈り取りです。

関電協の森

2班にわかれて斜面の下側から作業開始です。

関電協の森

それぞれの班に、行政と森林組合の担当者が入り指導にあたります。

関電協の森

手鎌をつかって根元から刈り取っています。

関電協の森

ネザサの刈り取り状況です。

関電協の森

活動エリア全体の仕上がりのようすです。

関電協の森

作業終了後、林内がすっかり明るくなりました。


参考図書

近年急速に失われつつある里山。本書は、雑木林の成り立ちやその人間との関わり、湿地の成因、トンボやギフチョウなどの環境指標生物を含む多様な観点から里山の全体像に迫り、その保全に向けた提言を行う。