水無瀬で野鳥撮影

水無瀬

野鳥を探しに、水無瀬ゴルフ場跡を散策してきました。昨年まではコミミズクが飛来していたのですが、今年は河川工事の影響かコミミの姿はみられませんでした。代わりに小鳥を探して歩くと、枯れ草の上に沢山のホオジロを見ることができました。

水無瀬

続いて見かけたのはカワラヒワです。しばらく眺めていると、餌をめぐって仲間内で木の上で争っています。

水無瀬

一人ぼっちで木の枝に止まっているのはカシラダカです。

水無瀬

同じく、単独で行動するジョウビタキのメスです。ジョウビタキのオスは近所の空き地や電線の上など、住宅街に現れることがありますが、メスは公園や河川敷で見かけることが多いです。

水無瀬

日が暮れ始めた頃に現れたのはモズのオスです。獲物を見つけたのか、キリッとした男前な表情が魅力的です。モズは大阪の鳥で、大阪府の公式マスコットキャラクターには「もずやん」がいます。



松尾山ハイキング

松尾山

阪急嵐山線の上桂駅から京都市西京区にある松尾山を散策してきました。爆弾低気圧の影響で、駅を降りると一面の雪景色です。

松尾山

駅前の住宅街も轍の跡がくっきり残っており、結構な雪の量です。

松尾山

竹工の名人、長野清助氏が27年の歳月をかけて独力で建造した「かぐや姫・竹御殿」です。この辺りの竹林は、竹取物語の舞台と言われています。

松尾山

苔寺と登山口の間にある「山の神さん」です。雪の重みで後ろの木が倒れ、歩道を塞いでいます。

松尾山

登山口付近の竹林を抜け、樹林帯に差し掛かった辺りの登山道の景色です。

松尾山

コースの分岐点には、京都一周トレイルの標識が立ててあります。

松尾山

登山道を登り尾根道に到着です。この辺りから山頂にかけて雪が深くなっています。

松尾山

京都一周トレイルの標識も、雪で埋もれています。

松尾山

山頂に向かう途中の人工林の景色です。沢山の踏み跡があり、西山コースの人気が伺えます。

松尾山

しばらく歩いていると、雲が途切れて晴れ間が出てきました。

松尾山

山頂付近の展望スポットから嵯峨野方面の景色です。

松尾山

コーヒーを沸かして休憩していると、あっという間にあたりが真っ白に。次の雪雲が近づいて来たみたいです。


金剛山ハイキング

金剛山

明けましておめでとうございます。年初より不安定な天候でしたが、ようやく晴れ間がでましたので、雪の大峰山を見に金剛山へ行っていきました。上の写真は、ちはや園地の近くから見える八経ヶ岳の景色です。

金剛山

こちらは修験道の山として知られる山上ヶ岳と、女人大峯として知られる稲村ヶ岳方面の景色です。山上ヶ岳の麓には洞川温泉の集落が有り、シーズンになると全国から大峰山寺に参拝する行者講の人々が集まってきます。

金剛山

ピクニック広場では、広場の真ん中にある丘を使って子供たちがヒップソリを楽しんだり、雪だるまを作ったりと、思い思いに雪遊びをしています。

金剛山

ちはや園地の休憩所近くの登山道には、野鳥が集まるポイントがあります。しばらく待っていると一羽のヤマガラがやってきました。

金剛山

よく人に馴れていて、レンズを向けても逃げる様子がありません。

金剛山

金剛山頂にある葛木神社から、ロープウエイの金剛山駅、ダイヤモンドトレール、テントサイト等を紹介した、ちはや園地周辺の案内図です。

金剛山

芝生広場にある展望台からロープウエイ金剛山駅方面の景色です。