高御位山・緑の再生記念式典

高御位山・緑の再生記念式典

平成23年1月24日、高砂市阿弥陀町の鷹巣山(264m)山頂付近で発生した山火事は、風にあおられて高御位山まで燃え広がり、約110haにわたる山林が焼失するという大規模な火災となりました。

焼失した区域一帯は、森林浴やジョギングなどを楽しむレクリエーションの場として多くの方々に親しまれてきた場所でした。

無残な姿と化した高御位山の再生を願う県民の声は高く、兵庫県による復旧工事に加え、地域の子ども達や地元企業のボランティアなどたくさんの方々の協力のもとで、焼失した高御位山は平成28年度までに苗木の植栽をすべて完了し、今は少しずつ、植栽木の成長とともに、豊かな緑を取り戻しつつあります。

これらご協力をいただいた方々への感謝の気持ちを伝えるとともに、森林が私たちにもたらす恵みや復旧事業の意義、森林火災予防、山地防災について、多くの方々に知っていただくため、記念式典を開催いたしました。

高御位山・緑の再生記念式典

開会あいさつ 兵庫県東播磨県民局長

高御位山・緑の再生記念式典

感謝状贈呈式 左から、「NPO法人高砂キッズ・スペース」 「住友ゴム工業(株)加古川工場」 「三菱日立パワーシステムズ(株)高砂工場」のみなさんです。

高御位山・緑の再生記念式典

記念植樹

高御位山・緑の再生記念式典

「NPO法人高砂キッズ・スペース」の子供たちを対象に、加古川農林水産振興事務所のスタッフの指導による木工教室が開催されました。

高御位山・緑の再生記念式典

輪郭に沿って糸鋸でカットした杉板を、バーナーで炙って焼板いにしていきます

高御位山・緑の再生記念式典

ワイヤーブラシを使って綺麗に炭が落とせたら、紐を通し目玉をつけて動物の壁掛けにします。

高御位山・緑の再生記念式典

完成したクラフト作品です。

高御位山・緑の再生記念式典

住友ゴム工業(株)加古川工場 三菱日立パワーシステムズ(株)高砂工場の皆さんによる植樹活動です。今回の活動は苗木の植え替え作業です。

高御位山・緑の再生記念式典

黄色いテープが貼ってある樹木30本を、ヤマモモに植え替えます。

高御位山・緑の再生記念式典

こちらは下草刈りエリアです。これまでに植栽された樹木のお手入れをしています。

高御位山・緑の再生記念式典

山火事で炭化した斜面が、青々とした樹木の茂る山肌に変わりました。

高御位山・緑の再生記念式典

植え替えエリアで見かけたセンブリです。

高御位山・緑の再生記念式典

リンドウの花も咲いています。

高御位山・緑の再生記念式典

植え替えエリアの近くには、ヤマニラの花も咲いていました。


参考図書

現在・未来の環境を守るために、江戸時代の森林政策を学ぶ一書。日本人の森や木への関わり方の歴史がわかります。

林業や林野制度の歴史といった方面に偏りがちであった従来の研究を、環境問題までを見据えた「森林管理・活用の歴史」としてとらえ直す試みです。

「保護・育成」から「伐って・運んで・売る」林業の流れを優しく解説し、森林への理解・知識が深まり、将来の環境問題の解決にも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です