兵庫県立人と自然の博物館

兵庫県立人と自然の博物館

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館へ行ってきました。

兵庫県立人と自然の博物館

エントランスホールを抜け本館入り口に向かうと、沢山の動物たちが出迎えてくれました。

兵庫県立人と自然の博物館

芦屋ロックガーデンでおなじみのイノシシです。大きな個体にちょっとびっくりです。

兵庫県立人と自然の博物館

ツキノワグマとイヌワシの2ショットです。イヌワシがウサギを捕まえていますが、イヌワシの大きさにまたびっくり。

兵庫県立人と自然の博物館

かわいらしいタヌキの剥製もありました。

兵庫県立人と自然の博物館

すばしっこい動きがよく表現されたニホンイタチです。淀川の河川敷でも見ることができます。

兵庫県立人と自然の博物館

ツキノワグマの分布です。平成26年度には豊能町や高槻市でも目撃されていますので、分布範囲は拡大しているようです。

兵庫県立人と自然の博物館

イヌワシの分布です。兵庫県では養父市から新温泉町にかけて、滋賀県では比良山地から湖北地域にかけて見られるようです。

兵庫県立人と自然の博物館

大阪湾の海底の様子がわかる地形図です。

兵庫県立人と自然の博物館

古大阪川の地形図です。淀川と六甲山地から古大阪川に流れ込む様子が分ります。

兵庫県立人と自然の博物館

木材組織の顕微鏡写真です。
左上から、ケヤキ(横断面)ムクノキ(横断面)イヌビワ(横断面)クスノキ(横断面)
左下から、ヤマグルマ(横断面)カツラ(横断面)カツラ(放射縦断面)ヤブツバキ(横断面)です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です