余暇村なごみの森

森づくり

兵庫県立北播磨余暇村公園で生物多様性保全に取り組む活動をしている、川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」の紹介です。

ヒトクチタケ

宿泊棟の近くで見かけたヒトクチタケです。

植栽作業

まずは植栽作業。この日の苗木は、ムラサキシキブ、ヤマハギ、ナナカマド、ミヤマガマズミ、コムラサキシキブ、ヤマツツジ、ヤマアジサイ、ヤブムラサキと、紙すきの材料となるコウゾ、ミツマタです。それぞれの低木10種類を10本づつ、合計100本の苗木を植えました。

下草刈り

植栽作業の後は前回までの活動で植栽作業をしたエリアの下草刈りです。作業が進むにつれ足元が明るくなってきます。

ヌルデ

作業エリアで見かけたヌルデの若芽です。

ナガバノモミジイチゴ

エリア内に沢山自生しているナガバノモミジイチゴには、綺麗な花が咲いていました。

紙すき体験

もうひとつのお楽しみは牛乳パックを使った「紙すき体験」。川重ハートフルサービスの皆さんと、紙再生工房の前橋師匠による紙すき教室が開催されました。

完成

出来上がった牛乳パックの再生紙です。公園の落ち葉を使った木の葉模様の再生紙が完成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です